アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』を製作したA24とプランBが再タッグする映画『The Last Black Man in San Francisco(原題)』が、邦題を『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』として10月9日に公開されることが決定。併せて予告映像が解禁された。

 本作は、現在最も注目を集める映画製作スタジオのA24と、俳優のブラッド・ピットによる製作会社のプランBが、『ムーンライト』以来のタッグを組んで贈る最新作。メガホンをとるジョー・タルボット監督が、幼なじみであり、本作では実名で主人公を演じるジミー・フェイルズが体験してきた物語を、自身初の長編映画として作り上げた。

 サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をダブル受賞した他、世界各国の映画祭で高い評価を受け、オバマ前米大統領が選ぶ2019年のベストムービーにも選出されている。

 サンフランシスコで生まれ育ったジミー(ジミー)は、祖父が建て、かつて家族と暮らした記憶の宿るヴィクトリアン様式の美しい家を愛していた。変わりゆく街の中にあって、観光名所になっていたその家は、ある日現在の家主が手放すことになり売りに出される。そんな中、この家に再び住みたいと願い奔走するジミーの思いを、親友モント(ジョナサン・メジャース)は、いつも静かに支えていた。今や“最もお金のかかる街”となったサンフランシスコで、彼は自分の心の在り処であるこの家を取り戻すことができるのだろうか…。

 解禁となった予告編は、汽笛の音が鳴り響くなか、主人公のジミーと彼の親友・モントがスケートボードに乗り、街をかけ抜けるシーンから始まる。そして、都市開発によって変わっていく街で、家族との記憶が宿った、祖父が建てた大切な家を取り戻そうと奔走するジミーと、それを支えるモントの友情が描かれる。ラストは「多くの財産を持たなくとも、心の中に大切な居場所とかけがえのない友がいる。それだけで人生はそう悪くないはずだ―。」というタルボット監督の言葉で締めくくられ、美しい映像と相まって、強く響くメッセージ性を感じさせる予告編となっている。

 ジミーの表情を大きく据えたイラストで制作されたポスタービジュアルには、「何もない。だけど、僕にはこの街がある。」というコピーが添えられている。

 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は10月9日より全国公開。