女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/6月17日から毎週水曜22時)。このたび、出演者の杉野遥亮と中村海人(Travis Japan/ジャニーズJr.)の「社員チーム」と、吉谷彩子と山本舞香の「派遣チーム」が、ドラマのPRのため、スタッフからの難題に挑む企画がスタート。その映像が、日テレ公式YouTubeで配信されている。

 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍する。

 杉野&中村の「社員チーム」と吉谷&山本の「派遣チーム」が、罰ゲームを賭けて挑むYouTube対決第1回目となる今回は、第一話の見どころを5枚の紙芝居で紹介する企画。前編の「社員チーム」の映像は、杉野が「大前春子のことを知らない若い人たちもいるかもしれないじゃない。僕たち目線なりの紙芝居したいですよね」と提案し、2人で和やかにトークをしながら交互にイラストを描いていく。

 一方、後編の「派遣チーム」の映像では、吉谷と山本が、それぞれ自身の描いたドラマの印象的な場面を見せ合う形で展開。篠原演じる春子の特長をよく捉えた絵を披露した後、「勝てるんじゃないかな。私は、絵が得意だから…」と自画自賛する吉谷に、山本は「ドヤ顔でこっち見てくる…」と苦笑い。果たして、4人は無事見どころの詰まった紙芝居を完成させる事ができるのか。

 そして、新型コロナウイルスの影響で初回放送が4月から延期となっていた本作が、いよいよ6月17日より放送開始。13年の時を経て復活する“スーパーハケン”大前春子の「春子無双」を、ぜひリアルタイムで満喫したい。

 ドラマ『ハケンの品格』初回は、日本テレビ系にて6月17日22時放送。