女優の篠原涼子が主演を務め、6月17日よりスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。毎週、本編終了後にHuluにてスピンオフ『ハケンの珍客』が配信されることが決定したが、そのスピンオフへも出演する、杉野遥亮&吉谷彩子&山本舞香&中村海人よりコメントが到着した。

 スピンオフではドラマ本編と並行するもうひとつの物語が、井手裕太郎(杉野)、福岡亜紀(吉谷)、千葉小夏(山本)、三田貴士(中村)の4人をメインに描かれる。

 食品商社S&Fに入社した井手裕太郎(杉野)と三田貴士(中村)は、人事部の五輪薫(ふせえり)の軽率な手違いにより、既に研修を終えた営業事業部を再び訪れることに。そこにいたのは、ハケンの福岡亜紀(吉谷)と千葉小夏(山本)、派遣会社ワークゼアの田無元(永野宗典)だけ…。

 五輪から「今日は電話番ね」と取り残された裕太郎と三田が手持ち無沙汰に過ごしているのを、冷ややかな目で見ている亜紀と小夏。そんな中、運命の一本の電話がかかってくる。慌てふためいた裕太郎と三田は、突如訪れた社会人としてのピンチを秘密裏に回避しようと、田無にハケンを依頼、そのスキルにすがることにする。そして彼らの前に現れたのは、スーパーハケン・大前春子ほどではないが、「スーパーなハケン」一ノ江和美(八嶋智人)だったー。

 杉野は「本編とはひと味違ったテイストを楽しめる作品だと思いますが、物語の根底には本編同様、“働く事の意味”を問いかける、愛のある作品だと感じていますので、是非『ハケンの珍客』もお楽しみください」、吉谷は「本編では戦々恐々としている4人の本当の素顔、意外な一面が見られる作品になっていると思います。ですので、それぞれのキャラクターの素に近い部分を本編と比べて見るのも面白いと思います」とコメント。

 そして山本は「八嶋さん、ふせさんなど、Huluのキャストの方々もとても素敵で面白く、現場も楽しすぎて笑いを堪えるのが大変ですが…そんな空気感も伝わればと思っています!」、中村は「三田、裕太郎、亜紀、小夏しかいない状況だからこそ見る事のできる表情が多く詰まっているので、本編とのギャップにも注目してください!」とそれぞれメッセージを寄せた。

 ドラマ『ハケンの品格』は日本テレビ系にて6月17日より毎週水曜22時放送。スピンオフ『ハケンの珍客』はオンライン動画配信サービスHuluにて毎週ドラマ本編の放送終了後に配信。