俳優の濱田岳と女優の水川あさみがダブル主演を務める映画『喜劇 愛妻物語』より、2人が演じる倦怠(けんたい)期の夫婦の泣きと笑い、怒りと絶望が入り交じる赤裸々なシーンカットが解禁された。

 本作は、結婚10年目にして倦怠期の真っただ中にいるセックスレス夫婦の愛憎劇が、“うどん県”こと香川を旅するロードムービー仕立てで展開する人情コメディー。『百円の恋』で国内映画賞にて日本アカデミー賞をはじめ数々の脚本賞を受賞した足立紳が、自身初の自伝的小説である同名作品を原作に自らメガホンをとり映画化した。2019年度の第32回東京国際映画祭コンペティション部門にて、日本映画では初となる最優秀脚本賞を受賞。イタリアで6月から開催される欧州最大のアジア映画祭「第22回ウディネ・ファーイースト映画祭」のコンペティション部門への正式出品も決まっている。

 主人公は、いつまでたっても売れる見込みがない脚本家の豪太と、そんな情けない夫に閉口している妻のチカ。倦怠期をものともせず、隙あればセックスに持ち込もうと思案をめぐらせるダメ夫・豪太役に濱田。そして夫に罵声を浴びせながら家計や子育てのために奮闘する不機嫌妻のチカを水川が演じる。また、豪太とチカの娘アキには昨年公開の映画『駅までの道をおしえて』で主演を務めた注目の子役・新津ちせ。このほか夏帆、光石研、ふせえり、大久保佳代子らが脇を固める。

 解禁されたシーンカットでは、うだつの上がらない脚本家の夫・豪太(濱田)が酒好きの恐妻チカ(水川)の機嫌をうかがう様子や、豪太が一人娘のアキ(新津)とともに海辺でかき氷を食べる様子、さらに、おいしいご飯にはしゃぐ豪太と冷ややかな表情のチカが対照的な家族3人の食卓シーンや、若かりし頃の夫婦の姿まで、倦怠期真っただ中の夫婦の日常や、10年にわたる結婚生活の軌跡が写し出されている。

 映画『喜劇 愛妻物語』は9月11日より全国公開。