第76回ヴェネチア国際映画祭でヴェニス・デイズ部門受賞、第32回東京国際映画祭ではコンペティション部門に選出されるなど、世界の映画祭で絶賛されたたホラー映画『La Llorone(原題)』が、邦題を『ラ・ヨローナ 〜彷徨う女〜』として7月10日より公開されることが決定した。併せて、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、映画『火の山のマリア』(15)で第65回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したグアテマラ出身の新鋭、ハイロ・ブスタマンテ監督が脚本も手掛けて贈るホラー作品。25万人の死者を出したと言われる、1960年から36年間も続いたグアテマラ内戦の血塗られた歴史をベースに、中南米に伝わる怪奇伝説「ラ・ヨローナ」を取り入れて作り上げた現代の恐怖の物語が、恐ろしくも美しい映像でつづられていく。

 「ラ・ヨローナ」とは、ジェームズ・ワンが手掛ける映画『死霊館シリーズ』でも描かれている、中南米で古くから伝わる怪談。二人の子どもと共に夫に捨てられた女は、子どもを溺死させて自らも自殺。女の悲しみは死後も魂となってさまよい続け、その嘆きの声は人々を怖がらせる。日本で言うと「お岩さん」(四谷怪談)のような存在だ。

 予告編は、「暴力は突然始まった」のセリフに続き、女性や子どもが大虐殺の犠牲になっていく様を捉えた凄惨な場面からスタート。30年後、虐殺内戦時の事件をめぐる歴史的裁判が続く中、自身の正当性を訴える元将軍エンリケと、葛藤しながらも彼を支えるその家族が、突如聞こえてきた女のすすり泣く声、混乱の中現れた新しいメイドの存在により、徐々に何かに追い詰められていく姿を映し出していく。

 ポスタービジュアルは、謎のメイド・アルマが水面に浮かぶ姿を捉えたもの。その上には「我らの元へ来たれ 我らに宿り 我らの体で感じ 我らを満たしたまえ」という神秘的な言葉が添えられている。果たして、儚く悲しげな表情を浮かべる彼女は何を訴えているのか、そして彼女は一体何者なのか。思わずその世界観に引き込まれてしまうような、美しく謎めいたビジュアルとなっている。

 映画『ラ・ヨローナ 〜彷徨う女〜』は7月10日より全国順次公開。