女優の蒼井優が主演を務める黒沢清監督の最新作『スパイの妻』が、10月16日より全国公開されることが決定。併せて、ティザービジュアルと予告編が解禁された。

 本作は、戦争という時代のうねりに翻弄(ほんろう)されながらも、自らの信念と愛を貫く女性の姿を描くラブ・サスペンス。蒼井がヒロインの福原聡子役を演じるほか、夫で神戸の貿易商・福原優作役を高橋一生、聡子の幼なじみで神戸憲兵分隊隊長・津森泰治役を東出昌大、優作のおいで優作と共に満州に渡る竹下文雄役を坂東龍汰が、それぞれ演じる。NHK BS8Kにて6月6日に放送されたドラマ版からスクリーンサイズや色調を新たにした「劇場版」として公開される。

 1940年。満州で偶然、恐ろしい国家機密を知ってしまった福原優作(高橋)は、正義のため、一部始終を世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井)は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻とののしられようとも、その身が破滅することもいとわず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…。

 ティザービジュアルでは、神戸で貿易会社を営む優作(高橋)と、その妻・聡子(蒼井)が洋装に身を包み、どこか緊張感のある面持ちで真っすぐこちらを見つめている。燃え盛る炎が2人へ迫り寄り、「時代の嵐が、二人の運命を変えていく――。」というキャッチコピーと相まって、これから彼らが巻き込まれていく波乱の日々を予感させる仕上がりに。1940年の神戸を舞台に黒沢監督が初めて挑んだ歴史の闇、そのドラマチックな展開に期待が高まるビジュアルだ。

 予告編では、1940年太平洋戦争前夜の、物々しくも活気ある神戸が映し出される。「悪魔のような所業を僕は見た」と声を振り絞る優作と、スパイだと疑われる夫・優作へ、「つかまることも、死ぬことも怖くはありません。私が怖いのはあなたと離れることです!」と思いの丈をぶつける聡子。どのカットをとっても2人の瞳からは生命力があふれ、意志の強さや絆の深さを印象付ける。

 映画『スパイの妻』は10月16日より全国公開。