俳優の松田翔太、桐谷健太、濱田岳が昔話でおなじみの英雄たちを演じ反響を呼んでいるauのCM“三太郎シリーズ”から、アニメーションCM第2弾が19日より放送され、乙姫役の菜々緒がアニメーション化されて登場する。

 第2弾となる「玉手箱解禁」篇は、前作の「たぬきの正体」篇に続く同シリーズのアニメーションCMの第2弾。「たぬきの正体」篇でアニメーション化された桃太郎役の松田、浦島太郎役の桐谷、金太郎役の濱田に加え、今回から乙姫役の菜々緒がアニメーションとなって登場。それぞれの声は本人が担当している。

 CMでは、乙姫の「もう何にもガマンしなくていいの! 開け放題」の言葉で、開け放題となった竜宮城の玉手箱を意気揚々と開ける三太郎の姿が描かれる。その結果、浦島太郎はおじいさんとなるが、金太郎はなぜかアフロヘアーに変化。調子に乗った浦島太郎が「もう一丁!」とさらに玉手箱を開けると、今度は全くの別人になってしまうというストーリーになっている。

 声の収録は、新型コロナウイルスの影響により、それぞれ別の収録ブースからリモートにて実施したとのこと。また、同CMへ声優としては初参加となる菜々緒は「普段と同じようなテンションを声の演技で表現できるか不安でしたが、スタッフさんや他の出演者さんのおかげでいつも通りの乙ちゃんを演じることができました」と収録を振り返っている。