2019年に放送された俳優・北大路欣也主演の連続ドラマ『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』が、ドラマスペシャルとして復活し、テレビ東京系にて7月27日21時に放送されることが決まった。

 2019年1月から全7話にわたり放送された『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』は、北大路演じる敏腕刑事が、人並み外れた土地勘を頼りに、詳細に記憶した「昭和」と「平成」二つの時代の街のイメージを呼び起こし、難事件を解決する姿を描いた。

 スペシャル版となる本作では、主演の北大路をはじめ、風間俊介、上白石萌音、内田朝陽、松本大志、石黒賢、余貴美子といったおなじみのレギュラーキャストの出演に加え、新たに深澤辰哉(Snow Man)がテレビ東京のドラマに初出演する。脚本は、レギュラー放送時も担当し、『科捜研の女』『相棒』シリーズなどを手がけてきた櫻井武晴。

 北大路が演じるのは、新宿東署刑事課司法係長として再任用された車椅子生活を送る鬼塚一路役。風間は、キャリアながら鬼塚の下で捜査の現場を学んでいる神啓太郎役。上白石は、刑事志望の熱意に溢れる鬼塚の部下・遠山咲役。石黒は、鬼塚とは旧知の仲で、いつもひょうひょうとしてムードメーカー的存在の捜査一係長・栗田史郎役。余は、旧知の仲の鬼塚に一目置いている鑑識係長・木地本淳子役。そして新キャストの深澤は、風間演じる刑事官・神に敵対するキャリア管理官・橘修平役を演じる。

 ある事件で車椅子生活となった鬼塚一路(北大路)は定年後、新宿東署に再任用された。ある日、新宿区・須賀町で粕汁の集団食中毒事件が発生。鬼塚は記憶をさかのぼり、毒物が保管されている新宿マキタ鉄鋼に遠山咲(上白石)を向かわせる。保管されていたはずの毒物はなくなっており、疑いの目は新宿マキタ鉄鋼経営者の妻・蒔田紀子に向けられる。一方、刑事官の神啓太郎(風間)は、管理官・橘修平(深澤)と捜査方針を巡って対立する…。令和の女殺人鬼を相手に、鬼塚が昭和と平成の記憶を武器に難事件を解決に導いていく。

 主演の北大路は「シリーズでやらせてもらったことで、いいチームワークが取れていて、撮影が快調なペースで進みました。それが次に繋がるかどうか?というのは自分たちの力だけではどうにもなりませんが、視聴者の皆様の応援もあって、『スペシャルでもやりましょう!』と言われたときは凄く嬉しかったし、また素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんと会えるというのが本当に幸せでした」と語っている。
 
 一方、深澤は「北大路欣也さんと共演させていただいて、もちろん僕がお芝居とかそういうことは言えないんですが、お芝居している時の近寄れないぐらいのオーラがありました。その一方で休憩の時に取材が入った際に、一番最初に立ち上がられて、相手の方に椅子を差し出してらっしゃる姿が印象的でした」と初共演の感想を明かし、「どんなにすごい方でも周りに気を配られている姿勢を見て、今後僕も『これだけは忘れないようにしよう!』と感じました」と語った。
 
 ドラマスペシャル『記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜』は、テレビ東京系にて7月27日21時放送。