女優の水川あさみがモデル・俳優の清原翔と夫婦役で共演するドラマ『love distance』が、動画配信サービスParaviにて6月27日より独占配信されることが決まった。

 本作は、「人との距離(ディスタンス)」を意識せざるを得なくなった今だからこそ大切にしたい「心の距離」を描く、“愛”と“キョリ”の物語。

 2020年初夏。人と人とのつながりが制限され、自宅で過ごすことも多くなった「今」。結婚3年目の仲良し夫婦、フォトグラファーの青年、動画配信チャンネルNewTubeで人気の3人組という、同じマンションに暮らす男女6人が、出会い、心を通わせていく。

 夫婦ともどもリモートワーク中心になった雑誌編集者の滝口美和と映像制作プロデューサーの滝口彰。変化する生活の中でも、2人は日々を楽しみながら暮らしていた。彰の日課は、人気3人組NewTuber「アンミナチャンネル」の配信動画を見ること。元恋人同士のアンナとミナトにショウが加入した3人組ユニットで、実はこのマンションの同じ階に住んでいるらしい。

 一方、隣の部屋に住むフォトグラファーの浅野千秋は、コロナ禍で仕事がなくなり、自宅マンションの屋上やベランダから写真を撮る毎日を過ごしていた。見慣れた風景にも新鮮な景色がある。千秋は、ささいな日常の中の美しさを切り取っていく。そんなある日、千秋がいつものようにベランダに出ると、隣のベランダで、花に水をやる美和が。千秋はその姿に引きつけられ―。

 603号室に暮らす夫婦・美和と彰を水川と清原、602号室に暮らすフォトグラファーを渡邊圭祐、601号室に一緒に暮らすNewTuber3人を馬場ふみか、板垣瑞生、中尾暢樹が演じる。

 水川は「今だからというよりは、これからの世界を前向きに捉えたストーリーになっていると思います。人と人が物理的に距離を取らなくてはいけなくなったけれど、人と人の心の距離は縮めていけたら、また違った新しい世界が見えてくるんじゃないかという希望を込めた作品でもあります。変わりゆく日常の中に埋もれそうな、本当に大切な人や事柄、真実を見失わずに生きたいですね」とコメント。

 清原は「こういう状況ならではの心の距離感や物理的な距離感が描かれているドラマです。細かいところまでみんなで声かけしながら一致団結して撮影しました。今だからこそ生まれたストーリーだと思いますし、改めて生活を見直す良いきっかけにもなるドラマだと思うので、沢山の方に見ていただきたいと思います」としている。

 併せて解禁されたメインビジュアルは、ゆきまゆこ氏のアートディレクションによるもの。マンションの屋上とおぼしき場所にたたずむ美和(水川)、彰(清原)らの姿に、「こんな時代の、“愛”と“キョリ”」とのキャッチコピーが添えられている。

 Paraviオリジナルドラマ『love distance』は、6月27日10時01分より独占配信。全10話。