ソフトバンクの新テレビCM「5Gって ドラえもん?『のび太登場』篇」(15秒・30秒)が、7月1日から全国で放送される。俳優の堺雅人と鈴木福が、それぞれ45歳と15歳の野比のび太役で登場する。

 ハリウッド俳優のブルース・ウィリスがドラえもん役を演じる同CMシリーズ。新CMには堺と鈴木のほか、のび太のパパ役で小手伸也、ママ役で阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子が出演する。

 白戸家の隣りに引っ越してきた野比一家。のび太の父(小手)と母(渡辺)が「5Gになったら引っ越しも楽になるのかな?」と会話しながら荷物を運んでいると、白戸家の方から「ドカーン!」という大きな音が聞こえてきて、背中を向けていたのび太(鈴木)も驚いて振り返る。白戸家の方に視線を向けると、穴が空いた屋根からタケコプターを付けたドラえもん(ブルース)が飛び立ち、そのままのび太の前に着地。「隣に変な犬いたぜ」と告げると、逃げたドラえもんを追いかけて、白戸家の家族が次々と外に出てくる。「引っ越してきた野比のび太です」「父です」「母です」とあいさつする野比家の3人に、「じゃ、ホントにドラえもん一家がお隣に?」とうれしそうな表情を浮かべるお母さん(樋口可南子)。すっかりテンションが上がったアヤ(上戸彩)とお兄ちゃん(ダンテ・カーヴァー)も、引っ越し中ののび太の机を指差し、「これ、タイムマシン?」と反応する。

 次の瞬間、ふいに机が振動し、引き出しの中からメガネ姿の男性が登場。白戸家のお父さんが「誰だ!お前は!」と尋ねると、なかなか引き出しから出られず、あたふたしていた男がようやく「45歳の、のび太です」と自己紹介する。思いも寄らない展開に、「えー!!」と一斉に声を上げて驚く両家。「5Gってドラえもん?」というタイトルとナレーションに続いて、最後は「複雑だ!」「キャラ多すぎ!」「ちょ、ちょっと一回整理しましょう…」などと混乱状態の両家を映し出したカットで締めくくられる。

 堺は「ドラえもんは子供の頃からとても好きな番組だったので光栄です。こんな日も来るんだと。タイムマシンがあったら、当時の自分に教えてあげたいですね」とコメント。鈴木は「髪を切って、衣装を着て、メガネをかけたら、自分でも『あ、のび太だ』と思いました(笑)。特にメガネをかけると、自分がのび太という別のキャラクターになる感じがして、すごく楽しかったです」と撮影を振り返った。

 ソフトバンクの新テレビCM「5Gって ドラえもん?『のび太登場』篇」(15秒・30秒)は、7月1日より全国で放送。