劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』の日本語吹き替え版の声優を、杏、生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCoらが務めることが発表された。また、日本公開日が9月25日に決まった。

 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』。そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にはテレビシリーズやアニメシリーズが作られ、91年と93年に長編映画として実写化された2作品は世界的大ヒットを記録した。そんなアメリカで長年に渡って愛され続けてきた『アダムス・ファミリー』が、このたび初の劇場版アニメとして公開される。

 日本語吹き替え版声優に決まったのは、モーティシア役の杏、ゴメズ役の生瀬勝久、フェスターおじさん役のロバート秋山、そして本作のオリジナルキャラクター、マーゴ・ニードラー役のLiLiCo、マーゴの部下グレン役の井上翔太の5人。

 モーティシアを演じる杏は「子供のころ見ていた『アダムスファミリー』が、現代に復活する、さらに声優として参加できると聞き、とても嬉しく思っています。生瀬さんと夫婦役を演じさせていただけるのも、楽しみです。ゴメズがどこか生瀬さんに似ている? と思ったのですが、私もどこかそうなのかもしれません」とコメント。

 ゴメズ役の生瀬は「今回、ゴメズ役のオファーを頂き、作品を拝見して驚きました! 私ですよね!? ゴメズ、私です。あそこまで、恰幅はよくありませんが、あの目付きは私です。陽気で、イタズラ好きはまんま私ですし、シニカルなところも、生き写しです。キャスティングの方、グッジョブです! 私は声優ではないので、吹き替えは慣れていませんが、気持ちを込めて、命を吹き込めればと思っております」と、自身の風貌に似たキャラクターの吹き替えに意気込みを見せている。

 さらに、モーティシアを囲むインパクトたっぷりの集合ショットのキービジュアルも解禁となった。7月10日より発売される劇場前売券の特典には、キービジュアルを使用したマスクケースが付く(無くなり次第終了)。

 映画『アダムス・ファミリー』は9月25日より全国公開。