女優の波瑠と鈴木京香が共演するドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』の約2年ぶりとなるSeason2が、テレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜21時に放送されることが決まった。初回は20時より2時間スペシャルとなる。

 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する“新感覚の爽快ミステリー”。2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマ、2019年4月28日にはドラマスペシャルが放送された。

 Season2でも波瑠&鈴木が演じる朋&理沙が名コンビぶりを発揮しながら、“一筋縄では行かない令和の未解決事件”にさっそうと立ち向かっていく。脚本はこれまで通り、NHK連続テレビ小説『あさが来た』、来年放送の大河ドラマ『青天を衝け』などで知られる大森美香が担当。

 さらに、味わい深い芝居で個性的なキャラクターを演じるレギュラー男性キャスト陣の続投も決定。第6係に嫌味の集中砲火を浴びせる警視庁捜査一課「特命捜査対策室」の室長・古賀清成役の沢村一樹をはじめ、第6係のメンバー、草加慎司役の遠藤憲一、財津喜延役の高田純次、第6係とは対象的な花形部署「第3強行犯捜査 殺人犯捜査」第5係の刑事・岡部守役の工藤阿須加も健在。また、山内圭哉が演じてきた第5係の刑事・桑部一郎が、同部署の係長に昇進するという珍事(!?)も起こる。

 波瑠は「今回の撮影現場ではフェイスシールドをつけたり、手洗いなどにも気をつけたり…と、スタッフの皆さんが以前より気を配っていて、撮影の進め方もやはり変わったなと感じます。でも、ドラマ自体の温度感は以前のままで、現場も基本的ににぎやかな雰囲気! 『こんなに久しぶりなのに、皆さんと楽しくおしゃべりができてよかった!』という安心感があります」と語る。

 鈴木は「Season2をご覧になる皆さんには“文書を中心とした謎解き”という、変わった切り口のサスペンスをぜひ楽しんでいただきたいです。あとはやっぱり、個性豊かなキャストの関係性ですね! 本当に『こんな刑事さんがいたら、いいなぁ!』と思う方たちばかりで、楽しくやっていますので、ぜひご覧ください」とメッセージを寄せた。

 木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』Season2は、テレビ朝日系にて8月6日より毎週木曜21時放送(初回は20時より2時間スペシャル)。