ジャニーズWESTの重岡大毅が、8月22日放送の『24時間テレビ43』(日本テレビ系)の「スペシャルヒューマンストーリー」で主演を務めることが発表された。ドラマとドキュメントと歌が融合する作品で、重岡は3月に急逝した志村けんさんの姿を近くで見続けたテレビディレクターを演じる。

 『24時間テレビ43』の中で「スペシャルヒューマンストーリー」として放送されるのは、ドキュメント映像とドラマ、そして志村さんが愛した音楽を通して、志村さんの実像に迫っていく『誰も知らない志村けん ‐残してくれた最後のメッセージ‐』。“コントの神様”と呼ばれ、老若男女に笑いを届け続けた志村さんは、周囲の人々にさえ、自身の“素”の姿を語ることを避けていた。しかし2004年、志村さんは自分が長く守り続けたルールを変える出来事に遭遇する…。

 本作で主演を務めることになった重岡は「『とにかく頑張るぞ!』という気持ちと、『焦ったらアカン』という気持ちで揺れ動く、大変不思議な感覚になりました」と心境を吐露。志村さんについては「僕にとって志村さんは、老若男女から愛されるお茶の間の人気者で、『テレビつけたら、いつもいる』という、ものすごく温かいイメージがあります」と語る。

 演じる役柄については「今回、『天才!志村どうぶつ園』を始める時から志村さんとずっと共に歩んできたディレクター役を演じます」と明かし、「志村さんに触れさせていただく中で、『職人』だったり、『責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?』を学ぶことができたら嬉しいです」とコメント。「僕なりのメッセージを届けられるよう、精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

 『24時間テレビ43』は、日本テレビ系にて8月22日18時30分より放送。「スペシャルヒューマンストーリー」『誰も知らない志村けん ‐残してくれた最後のメッセージ‐』は21時頃から放送。