女優の清原果耶が3日、都内で行われた主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の完成披露試写会に、藤井道人監督とともに出席。米ロサンゼルスよりリモート出演した桃井かおりが、清原の演技に「『絶対邪魔しちゃいけないな』っていう気分に初めてなった」と明かした。

 本作は作家・野中ともその同名小説を映画化し、懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語を描く。また、映画初主演の清原は、シンガーソングライター・Coccoが書き下ろした主題歌「今とあの頃の僕ら」を担当し、透明感のある歌声を披露している。

 完成した作品を観たという清原は「私は正直、放心状態になってしまって。初主演作という言葉だったり、映画のエンドロールで自分の歌った歌が流れているということをなかなか客観視できず、『あ、終わった』っていう安心感に似た喪失感のようなものが大きかったような気がしています」とコメント。そのうえで「一緒に初号を観たスタッフのみなさんが『ものすごいよかった』と言葉をかけてくださったので、良い作品になってよかったなといううれしい気持ちがありました」と振り返った。

 一方の桃井は「今まで出た映画の中で、一番自分が出ていることが気にならなかった映画」と表現。清原については「ものすごく孤独な女優さんだなっていうのが私の印象。すごい真面目で、本気で映画が見えているし、『絶対邪魔しちゃいけないな』っていう気分に初めてなった」と明かした。

 清原は桃井について「私がなにか口にするのもおこがましいですけど、エネルギーの大きさをとてつもなく感じることのできるお方。前向かなきゃって奮い立たされるような、必死で後を付いていきたくなるような印象でした」と語ったが、反対に桃井は「彼女がストイックに考えていることは、私もそういう時期があったのですごくよくわかるんだけど、彼女の表現しようとしているものが見えなくて、冗談抜きに私が付いていったんですね」と撮影を回顧した。

 撮影では、桃井がキックボードに乗るシーンで転倒するハプニングがあったといい、大御所のアクシデントに、周囲の人間の多くが桃井の元に集まったが、清原だけは遠くから眺めていたそう。

 清原が「『どうしよう〜』と思って。なにも私にできることはなくって...。無事で良かったです」と当時の胸の内を明かしたが、桃井は「離れて小動物のように私を見てたんですよ。調子良く寄ってきたりしないっていう。寄ってきた人には悪いけど(笑)」とかえって好印象であったと笑顔をみせた。

 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月4日より全国公開。