女優の有村架純のマネージャーによる公式ツイッターが14日、翌15日に放送となるドラマ『太陽の子』(NHK総合ほか/19時30分)の撮影に挑んだ有村を写したオフショットを公開した。

 有村のマネージャーが「現場オフショット」と投稿したのは、15日に放送される有村が出演するドラマ『太陽の子』のオフショット。写真にはカメラに背中を向けて座る彼女が、後ろを振り返りカメラにつぶらな瞳を見せる姿がモノクロで収められている。

 ドラマ『太陽の子』は、太平洋戦争末期に日本でも原子爆弾を開発しようとしていた科学者たちがいたという史実に基づき、戦時下の科学者の苦悩を描く青春群像劇。第二次世界大戦末期、京都帝国大学の物理学研究室に海軍から下された密命は新型爆弾を作ること。京都帝国大学の学生で原子物理学を専攻する科学者の卵・石村修(柳楽優弥)は兵器開発の実験を続けながらも、研究を続けていく事に疑問を持ち始める…。

 本作で有村は、柳楽優弥扮する主人公・修の幼なじみ・朝倉世津を演じている。また、本作には7月18日に亡くなった三浦春馬さんも修の弟で陸軍下士官の石村裕之役として出演する。

 ファンからはこのツイートに対して「決して見逃しません。絶対見ます」「架純ちゃんドラマ楽しみにしてます」「録画予約済みです」といった視聴を心待ちにするファンの声が寄せられている。

引用:「有村架純マネージャー」公式ツイッター(@Kasumistaff)