日本から豊川悦司、浅野忠信らが出演し、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを日米の視点で描く米映画『ミッドウェイ』より、米軍vs日本軍の空中戦を再現した本編映像第2弾が解禁された。

 本作は、『インデペンデンス・デイ』を手掛けたスペクタクル映画の巨匠ローランド・エメリッヒが、第二次世界大戦の中でも歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦を、約20年の徹底したリサーチと新たに発見された日本軍側の資料をもとに製作。実在した軍人たちの同胞意識と友情、そして米国の勝利を確実なものにするための決意と犠牲が描かれる。

 キャストには、山本五十六、チェスター・ニミッツをはじめとした実在の人物を演じるために、豊川悦司、浅野忠信、國村隼のほか、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカートら日米の実力派俳優が集結した。

 本編映像第2弾として解禁されたのは、迫力満点のドッグファイト(空中戦)シーン。米軍の若きカリスマパイロットのディック・ベスト大尉(エド・スクライン)が、太平洋上のマーシャル諸島にある日本軍飛行場の爆撃に成功した場面からスタート。ベストが駆る“恐れを知らない”という名をもつSBDドーントレスは、急降下爆撃機でありながら良好な運動性と強力な機銃を備えており、爆弾を投下して身軽になると、日本軍機を相手に空戦を行うこともあった。

 飛行場の破壊に成功したのもつかの間、日本軍の戦闘機から反撃されドッグファイトへ突入する。すれ違いざまに1機を撃墜するも、残り2機に後方を取られると、後部機関銃を操作するマレーに「敵機を追い払え」と指示。さらに1機を撃墜した後、巧みに旋回しながら最後の敵機を振り払おうと急上昇し、その直後に急降下し日本軍機からの離脱を試みるベスト。主観から客観へと目まぐるしく視点が入れ替わり、思わず手に汗握る緊迫した映像となっている。

 映画『ミッドウェイ』は9月11日より全国公開。