中国の映画監督ディアオ・イーナンの5年ぶりの新作『鵞鳥湖(がちょうこ)の夜』が9月25日より全国公開されるのを記念し、ベルリン国際映画祭金熊賞、銀熊賞(男優賞)をダブル受賞した『薄氷の殺人』が、9月18日から24日までシネマカリテとアップリンク京都にて1週間限定上映されることが決まった。

 『鵞鳥湖の夜』は、中国の地下犯罪や社会の底辺で生きる人間たちの現実を描く作品。『薄氷の殺人』に続いて撮影監督をトン・ジンソン、照明監督をウォン・チーミンが務め、主人公チョウにジャッキー・チェンと共演した歴史大作『1911』のフー・ゴー。そして『薄氷の殺人』で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たすなど、中華圏を代表するキャスト、スタッフが集結。第72回カンヌ国際映画祭では、ポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』と並び、アジア発の衝撃作として絶賛された。

 2012年、中国南部。刑務所を出所して古巣のバイク窃盗団に舞い戻った裏社会の男チョウは、対立する猫目・猫耳兄弟たちとのもめ事に巻き込まれ、逃走中に誤って警官を射殺してしまう。警察に追いつめられたチョウは、自らに懸けられた報奨金30万元を妻と幼い息子に残そうと画策する。そんなチョウの前に現れたのは、妻の代理としてやってきたアイアイという見知らぬ女。売春婦をしているアイアイと行動を共にするチョウだったが、警察や報奨金の強奪を狙う窃盗団に行く手を阻まれ、後戻りのできない袋小路に迷い込んでいく。

 一方、『薄氷の殺人』は、中国北部の地方都市を舞台に、未解決連続殺人事件への関与が疑われる美しき未亡人と、彼女に心奪われていく元刑事の運命を描き上げたサスペンス・ミステリー。

 また、2作品鑑賞特典として 、9月25日以降にシネマカリテとアップリンク京都にて『鵞鳥湖の夜』を鑑賞の際、『薄氷の殺人』の半券を提示すれば、『薄氷の殺人』クリアファイルと『鵞鳥湖の夜』オリジナルライターがセットでプレゼントされる(数量限定・先着順)。

 映画『鵞鳥湖の夜』は9月25日より全国公開。『薄氷の殺人』は9月18〜24日、シネマカリテとアップリンク京都にて限定上映。