女優の中村アンが、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が主演を務め、俳優の新田真剣佑と初共演する映画『名も無き世界のエンドロール』に出演することが発表された。高飛車な”政治家令嬢”役を務め、ラスト20分の感情を爆発させた演技で新境地を見せる。

 本作は、「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫による同名小説(集英社文庫)を映画化するサスペンス。主演の岩田は、大事な友のために裏社会に飛び込み、殺人をもいとわない “闇の交渉屋”としてのし上がっていく男・キダ役。新田は、キダの唯一の家族ともいえる幼なじみのマコト役で、“ある事件”をきっかけに人生を狂わされるも、キダの力を借りながら会社経営者となり、表舞台でのし上がっていくストイックな男を演じる。監督は佐藤祐市。

 親がいないという共通点を持つキダ(岩田)とマコト(新田)は幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生ヨッチ(山田杏奈)も交わり、3人は支え合いながら幸せな毎日を過ごし、共に成長していった。だがある時、ヨッチは2人の前から突然消えてしまう。それから10年もの月日が流れ、キダとマコトは表と裏それぞれの世界を、死に物狂いでのし上がっていた。全ては、世界の片隅で生きてきた彼らとは住む世界の異なる「ある女性」にプロポーズをするため。しかし、実はそれは日本中をも巻き込んだ、ある壮大な計画だった。

 中村が演じるのは、自動車修理工場で働くキダ(岩田)とマコト(新田)の前に現れる政治家令嬢のリサ。大物政治家の父親を持ち、自身は芸能界で活躍する人気モデルという、キダやマコトとは住む世界の違う<高嶺の花>の女性を演じる。「リサにふさわしい男」になるため、異常な執念で会社経営者にまでのし上がったマコトの恋人になる存在で、山田演じるヨッチと並んで、物語のカギを握るもう1人のヒロインとして体当たりの演技を披露している。

 高飛車で自己中心的な政治家の娘という役どころに、「これまでのイメージからギャップがあり、役者としての振り幅を併せ持った存在」という理由から、中村のキャスティングが実現。中でも、本作のラスト20分、新田との感情が爆発する演技の応酬シーンは中村自身にとって新境地ともいえる熱演で、本作最大の魅力である“想像を絶する衝撃のエンドロール”をより一層盛り上げる。

 中村は「今まで演じたことのない、感情をむき出しにする役どころでした。不安もありましたが、監督の『大丈夫です!』という言葉に背中を押していただき、演じていくうちに楽しさに変わっていきました。と同時に、このリサという役で、今まで見せたことのない自分を表現できるチャンスだとも感じました。ラスト20分のシーンは一年経った今も、とても記憶に残っています。夜から明け方までの長時間の撮影で精神的にも肉体的にも厳しい中、全身全霊で演じることができました」と撮影を振り返る。

 映画『名も無き世界のエンドロール』は2021年新春、全国公開。