俳優の菅田将暉が3日、創業50周年を迎えたミスタードーナツの“50周年アンバサダー”に就任。ネット上では、彼が現在出演しているドラマ『MIU404』(TBS系/毎週金曜22時)ファンから「すごくタイムリー」「タイミングが良すぎる」「ジワる」などの声が相次いでいる。

 2020年1月に事業創業50周年を迎えたミスタードーナツは、3日に第1号店がある大阪府箕面市出身の菅田を“50周年アンバサダー”に起用したことを発表。併せて、店舗では4日から数量限定で菅田がミスタードーナツのロゴマークに扮したスペシャルテイクアウトボックス(ドーナツ持ち帰り用ボックス)が用意されることもアナウンスしている。

 4日は菅田が出演しているドラマ『MIU404』最終回の放送日。ドラマで菅田は、爆発事件を引き起こす久住という謎の男を演じている。その久住は、劇中で取引される架空の違法薬物「ドーナツEP」の売人という顔も持っている。

 菅田のアンバサダー就任と出演作品が「ドーナツ」によって繋がってしまう偶然に、ファンからは「ドーナツ×菅田くんってすごくタイムリー」「タイミングが良すぎる」「かなりジワる」といったコメントが、ネット上に多数寄せられている。