女優の小芝風花が主演を務めるドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第6話が5日に放送。澪(小芝)や伊和(松本まりか)のヤマンバメイクとパラパラの披露に「声だして笑っちゃった」「マジあげぽよ〜」「元気出た!!!」などの反響が寄せられた。

 上司の原島(大東駿介)に恋心を抱いた澪だったが、大人の原島を目の前にして、自分とは不釣り合いだと悩んでしまう。聡明な美女になりたい、と妖怪たちに相談すると、伊和はそこで山姥のやまちょす(長井短)を呼び寄せる。焼けた肌に派手なメイク、ギャル語で登場した“ヤマンバギャル”やまちょすの登場にネットでは「やまちょす大好き可愛い」「一昔前のギャル好き」「元気出た」などの声が寄せられた。

 やまちょすの手によって、コーディネートされた澪は、数々のファッションに身を包み、ポーズを決める。伊和と詩子(池谷のぶえ)も「よき〜!」「かわいいわ〜!」と盛り上がる。このシーンには「表参道コーデ、ど真ん中です」「女子全員かわゆ…」「どれも可愛い」などの絶賛の声が寄せられた。

 原島と2人で食事に行くことになった澪は、自分の気持ちを伝える決意をするが、原島からは逆に「離婚を切り出された」と告げられる。原島が結婚していることに驚きを隠せない澪だったが、納得のいくまで話し合うべきだといい、その場を立ち去ってしまう。

 事のてん末を知った妖怪たちは澪を慰め、やまちょすは「記念写真撮ろう」と言って、澪や伊和たちを“ヤマンバギャル”の姿に変え「同じギャルなら踊らにゃ損だ〜!」と全員でパラパラを踊り出す。このシーンには「全員ヤマンバ化の巻w」「パラパラ最高!」「ぬらりひょんだけ日焼けしたおじさんww」など反響が集まった。

 放送後、『妖怪シェアハウス』公式インスタグラム(@youkaihouse5)では、小芝、松本、毎熊克哉、池谷のぶえ、長井短のヤマンバメイク姿と、1人だけ何かが違う…大倉孝二のメイク姿を公開している。