俳優のムロツヨシが主演を務め、女優の永野芽郁と親子役で共演するドラマ 『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)。このたび、さくら演じる永野とさくらの恋人・ハタケを演じた中川大志の2人がオールアップを迎えた。

 本作は、大学の同級生となったたった2人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。
 
 ゴールデン・プライム(GP)帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて娘と同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野がその大事な箱入り娘のさくら役、新垣結衣がガタローの最愛の妻でさくらの母親・幸子役を演じる。また、さくらの恋人候補を中川、さくらの親友役を今田美桜、同級生役を戸塚純貴、小野花梨が務める。
 
 13日放送の第7話(最終話)では、シェアハウス生活が続く小比賀家で、ガタロー(ムロ)をめぐる娘・さくら(永野)と同級生・美咲(小野)の水面下のガチバトルが勃発。さらにハタケ(中川)、寛子(今田)、根来(戸塚)も巻き込み青春の悩みが渦巻く中、さくらの異変を感じ取ったガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京してくる。多恵に悩みを打ち明けたさくらは、祖母から優しかった母・幸子(新垣)の衝撃的な過去を聞き…。

 オールアップを迎えた永野は「お疲れ様でした。このような厳しい状況を全て味方に付けてしまうような、前向きな現場に参加出来て、私自身とても幸せな時間を過ごさせてもらいました。福田さんの作品に出演させて頂いてとても嬉しかったですし、何よりムロさんの娘になれて…幸せでした。…泣いちゃう(笑)」とコメント。そんな“娘”の言葉に、主演のムロは思わずもらい泣き。写真撮影も終えて「帰ります!」という永野に対して、「帰っちゃうの?」と寂しがるムロだった。

 一方、中川は「皆さん、本当にお疲れ様でした。このような慣れない環境の中で、初めてのことだらけでスタッフの皆さん、本当に本当に大変だったと思います。本当にありがとうございました」と周囲に感謝。そして「畠山雅治というキャラクターが本当に大好きで、自粛期間の時から、早く現場に行きたいなとワクワクドキドキしていました。大好きなムロさんが座長の現場に参加出来て、そして福田監督の作品に加わることが出来て本当に楽しかったです。ありがとうございました」と作品に参加した喜びを語った。

 『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。