女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がダブル主演を務めるドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第5話(今夜9月9日放送)より、夏の夜、蛍が舞う庭に七桜(浜辺)と椿(横浜)がたたずむシーン写真が解禁された。

 本作は、15年前に起こった老鋪和菓子店主人の殺害事件を巡り、“容疑者の娘”と“被害者の息子”が過酷な運命にほんろうされながらも引かれ合う姿を描くラブミステリー。原作は、講談社「BE・LOVE」にて連載中の安藤なつみの同名漫画。浜辺が、芯が強く、かれんで才能にあふれ、誰にも物おじしない和菓子職人・花岡七桜を、そして横浜が、創業400年の老舗和菓子店「光月庵」のクールな跡取り息子・高月椿を、それぞれ演じる。

 第4話のラストで、椿の子を宿しているかもしれないと気付いた七桜は、椿への思いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れ動く。しかし、椿の思いやりに触れ、すべてを打ち明けようと覚悟を決めた七桜。「少し時間を取れないかな」と言う七桜を、椿は「行っておきたいところがある」と夜の庭に連れ出す。そこには、満点の星のように輝く蛍が…。

 今回のシーン写真は、蛍が舞う中で思いを語り合う場面。この先、長く一緒にいるのだから、お互い少しずつ分かっていけばいい、と言う椿。はたして、七桜は正体を打ち明けることができるのか?

 水曜ドラマ『私たちはどうかしている』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。