俳優のティモシー・シャラメが主演を務めるアクション・アドベンチャー映画『DUNE(原題)』が、邦題を『DUNE/デューン 砂の惑星』として公開されることが決定。併せて、予告編とキャストQ&A映像が解禁された。

 本作は、1965年の発売以来、『スター・ウォーズ』『風の谷のナウシカ』『アバター』など数多の映画作品に影響を与え続けるフランク・ハーバートの小説「デューン 砂の惑星」を、『ブレードランナー2049』『メッセージ』の名匠ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンをとり映画化。砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、主人公ポールの運命、そして宇宙世界の混迷を軸にした壮大なドラマが展開する。

 主人公ポールを演じるのは、映画『君の名前で僕を呼んで』で21歳にしてアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた新世代ハリウッドスターのティモシー。そのほか、『スパイダーマン』シリーズの女優ゼンデイヤがポールの夢の中に登場する謎の美女チェイニー役、『アクアマン』のジェイソン・モモア、オスカー俳優のハビエル・バルデム、『アベンジャーズ』で宿敵サノスにふんしたジョシュ・ブローリンが、ポールを全力サポートする腹心役を担当。また、『スター・ウォーズ』続三部作ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックと『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のレベッカ・ファーガソンがポールの両親役を務める。

 予告編は、広大な砂漠や雲海、空を飛び交うスペースシップなど、作品の壮大な世界観を凝縮して収めたもの。ポールが「僕の中で何かが<覚醒>し始めてる」と語る場面からスタート。夢で未来を見ることができるポールは、チェイニー(ゼンデイヤ)と結ばれる将来や、反乱が起きることを予言。続いて、教母ガイウス・ヘレネ・モヒアム(シャーロット・ランプリング)がポールの資質をテストするシーンや、ポールを中心に巻き起こる熾烈な争いの様子が映し出される。

 映像にはそのほか、ベールに包まれた特別な<力>を持つとされるポールと、師であるガーニ―・ハレック(ジョシュ)の剣術訓練や、ダンカン・アイダホ(ジェイソン・モモア)の無双シーンなど、迫力のアクションシーンも収録。最後は「<恐れ>こそが敵。恐怖に打ち勝った時、自分が何者かを知る」というポールの印象的なセリフと共に、彼が物語の舞台となる砂の惑星デューンにうごめく謎の超巨大生物サンドワームと対峙するシーンで映像は締めくくられる。

 キャストQ&A映像は、ヴィルヌーヴ監督とキャスト陣が作品について和やかに語る様子を収録。ティモシーは自身が演じるポールについて「過酷な状況や戦いに、高潔さと道義心と信念で立ち向かう青年だ。公爵家に生まれ、伝統を継いでる。ポールは自分の人生が自覚する以上に重大で普通ではないと気づく」と語っている。

 映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は近日公開。