女優の小芝風花が主演を務める10月11日14時放送のドラマ『書類を男にしただけで』(TBS系=一部地域を除く)の追加キャストとして、竜星涼、水沢エレナ、奥野壮、高橋メアリージュン、デビット伊東、友近の出演が発表された。

 本作は、性別を偽って広告代理店に入社した女性のドタバタな奮闘を通じて、いまだに残る男性優位社会の現実も描き出す社会派ラブコメディー。主人公の祐希をTBSドラマ初主演となる小芝が演じる。

 主人公の箕輪祐希はセクハラ上司を背負い投げしたことが原因で前職をクビになり、転職活動中。しかし、うっかり性別欄を間違え、ずっと憧れていた大手広告代理店の採用試験を男として突破してしまう。祐希の頭の中には“女として失敗し続けた過去”が走馬灯のように駆け巡り…。性別を偽り、そのまま男として入社することを決意。女性であることがバレないように奮闘しながら仕事を頑張る中で、かつて心ときめいた男性に再会し…。

 竜星涼が演じるのは、祐希が転職先で出会う、一応イケメンだが中身は永遠の中学生男子のコピーライター・杉田哲也。役どころについて竜星は「僕が演じる杉田は、イケメンだけどちょっと“変人”なタイプですが、結構皆さんの身近にもいるキャラクターだと思います」と話す。

 水沢エレナは、祐希の転職先の同僚で、職場の華として扱われながらも自分の生き方に不安を感じている須藤あやか役。「私が演じるあやかが今までの溜まってきた気持ちを伝えるシーンがあるのですが、台本を読んだ時点で胸にグッときたので、年齢が近しい女性の背中を押せるように、しっかりと言葉一つ一つに気持ちを込めて大切にお芝居していきたいです」としている。

 『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)の主演を務めた奥野壮が演じるのは、今どきな後輩社員の鈴井翔平。奥野は「物語の入り口は『そんなこと起こる!?』というところから始まりますが、働く女性の日常をいつもとは違った角度から見ていただける作品だと思うので、そこを楽しんでいただきたいです。悩んでいる人たちの気持ちが少し楽になるような作品になればいいなと思います」と語っている。

 そして、祐希が男として働く後押しをする産業医の柏木未来には、『私の家政夫ナギサさん』での好演も記憶に新しい高橋メアリージュン。祐希が転職先で異動となる第7営業部の部長・古橋敏之役にデビット伊東。さらに、祐希らが働く第7営業部のビッグクライアントとなる信玄堂の社長・渡辺リカを友近が演じる。

 ドラマ『書類を男にしただけで』は、TBS系(一部地域を除く)にて10月11日14時放送。