お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が27日、自身の公式YouTubeチャンネル『児嶋だよ!』を更新。同日に放送されたドラマ『半沢直樹』(TBS系)最終話の撮影裏話を明かした。

 児嶋は自身が出演していたドラマ『半沢直樹』の最終話放送終了後に公式YouTubeチャンネルに「児嶋、半沢直樹の最終回にも出演してみた!」と題された動画を投稿。最終回撮影前のセリフの練習風景や、主人公・半沢にふんした堺雅人との1対1の共演シーン撮影直後のコメントなどを紹介した。

 さらに動画の中で児嶋は江口のりことの共演シーンについても言及。最終話では、半沢をはじめ国土交通大臣だった白井(江口)や議員秘書・笠松(児嶋)らの働きにより、“政界のドン”こと箕部(柄本明)の不正が明るみに出ることに。

 騒動の後、白井は所属していた進政党を離党し無所属議員として再出発。そして笠松も「私も辞めてきました」と言い、秘書として白井をサポートすることを決意する。最終話の終盤では、晴れやかな表情の白井と笠松が対面を果たすシーンも描かれた。

 YouTubeの動画は最終回放送前に収録したといい、児嶋は「最後、どうなるか僕知らないんですよ」と告白。児嶋の手元に届いた最終話の台本には、白井と笠松の対面シーン以降が書かれていなかったそうで「情報漏えいしないためにセリフがある人しか渡されてないの」と話すと、続けて「最初びっくりしたの、ここで終わってるから“『半沢直樹』え!? 俺で終わるの?”と思って。マジでそう思った。だってそんな台本見たことないんだから。最後までないもの」と勘違いしてしまったことを明かしていた。

引用:児嶋一哉公式YouTubeチャンネル『児嶋だよ!』