欅坂46の菅井友香、小林由依、渡邉理佐、土生瑞穂、森田ひかる、田村保乃が、10月11日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系/毎週日曜22時)にゲストで初登場。グループ名を「櫻坂46」に改名する理由やメンバーのリアルな気持ちを明かす。

 10月12日、13日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて行う「欅坂46 THE LAST LIVE」で5年間の活動に終止符を打ち、“櫻坂46”として新たな一歩を踏み出す欅坂46。本番組が改名前最後のバラエティー出演となる。

 キャプテンの菅井は坂道シリーズの年表を元に、これまでの軌跡を解説。欅坂は乃木坂の新プロジェクト“鳥居坂46”から始まり、なんと結成後すぐに欅坂46に改名したという。メンバーも驚きの発表の仕方とは?

 2期生の森田と田村は、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の合同オーディションで10万人の中から選ばれ加入。グループへの割り振られ方は、まるでハリーポッターみたい? 希望が通る人もいれば通らない人も…? 加入を待つメンバーの気持ちも告白する。

 さらに、欅坂46から「櫻坂46」へと改名する理由も告白。収録時はまだ新しい名前を知らなかった、彼女たちの心境がうかがえる。上田晋也もコンビ名を改名した経験があり、その当時の思いを語る。また、メンバーのリアルな気持ちを徹底調査。自分をかわいいと思っている? かわいいと思うメンバーは? 次のセンターは自分だ! など、際どい質問がメンバーたち投げかけられる。

 欅坂46がゲスト出演する『おしゃれイズム』は、日本テレビ系にて10月11日22時放送。