KAT‐TUNの亀梨和也が主演を務める、8月28日公開の映画『事故物件 恐い間取り』の興行収入が22億円を突破。映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の記録を塗り替え、今世紀No.1ヒットのホラー映画となった。

 本作は、殺人・自殺・火災による死亡事故などがあった“いわくつき”の部屋「事故物件」に住み続ける、“事故物件住みます芸人”松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』を実写化。

 ホラー映画初出演の亀梨が主人公の売れない芸人・山野ヤマメ役を演じるほか、奈緒、瀬戸、江口のりこ、木下ほうか、MEGUMI、真魚、瀧川英次、宇野祥平、高田純次、小手伸也らが脇を固める。メガホンを取るのは、『リング』(1998)、『スマホを落としただけなのに』(2018)の中田秀夫監督。

 公開初週・翌週と、連続で興行収入ランキング1位を獲得し、公開5週目には興行収入20億円、動員150万人を突破するなど、異例のヒットを記録している本作。11日までの累計で、動員169万685名、興行収入22億3957万円を記録し、2000年代に日本で公開されたホラー作品で最大のヒットとなった『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の最終興収22億2000万円を超えて、ついに今世紀ホラー映画No.1ヒット作品となった。

 10月2日からは、中田監督の意見も取り入れて作られた4DX・MX4D版も上映開始。SNSには「恐すぎる実体験」「色んな意味の絶叫系遊園地」と、“ホラーアトラクション”として楽しむ声が寄せられている。また、通常版では「『たすけて』という声が聞こえる」「ずっと鈴の音が鳴っていた」「謎の白い影が写り込んでいた」など、数々の“いわくつき”の噂を検証しようとリピーターが続出。「10回以上入居した」という声も。公開から1ヵ月以上経った今でも勢いは衰えず、快進撃が続いている。

 映画『事故物件 恐い間取り』は公開中。