日向坂46が主演を務めるドラマ『DASADA』のコラボレーションイベント「日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」が15日に無観客イベントとして配信された。

 今年2月、横浜アリーナにて“ファッションショー×ライブ”イベントとして行われた同イベント。今回は“新感覚の朗読劇×ファッションショー×ライブ”と、さらに進化した盛りだくさんの内容に。チケット購入者は約5万人だった。

 イベントはまず、ドラマ出演メンバー16人による朗読劇「サプライズパーリー大作戦」でスタートした。渡邉美穂演じる篠原沙織がロンドンに旅立とうとする中、“サプライズパーリー”を実行しようと奮闘する「DASADA」メンバーの姿を描いたストーリー。メンバーは初チャレンジとなった朗読劇で、時にコミカルに、時にシリアスにそれぞれのキャラクターを熱演する。先日発表された体調不良のためイベント不参加となった松田好花は、声での出演を果たした。

 朗読劇の後は、「DASADA」ブランドのファッションショーに突入。トップバッターの高本彩花を筆頭に、堂々としたウォーキングで笑顔を届けた。

 コロナ感染防止対策の換気タイムを経てOVERTUREが流れると、いよいよ日向坂46のライブへ。ライブは一期生の影山優佳、新三期生の高橋未来虹、森本茉莉、山口陽世も加えた20人でのパフォーマンスに。ドラマ「DASADA」の主題歌「青春の馬」をエネルギッシュに披露したあと、キャプテンの佐々木久美は「画面の前ではありますが、声を出してペンライトを振って盛り上がっていただきたいなと思います! 皆さん準備はいいですか?」とファンに呼びかけた。

 9月23日に1stアルバム『ひなたざか』をリリースしたばかりの彼女たち。河田陽菜が「好きな曲をチョイスして聴くのもいいけど、通して聴くとライブにいった気分になれます」とおすすめの聴き方をアピールした後は、アルバムから新曲「ただがむしゃらに」「My fans」をライブ初披露しファンを喜ばせる。

 ライブ定番曲で、現メンバーでの歌唱にリメイクして1stアルバムに収録されたナンバー「誰よりも高く跳べ!2020」では、全員が元気いっぱいに飛び跳ねて画面の向こうのファンを盛り上げる。3期生の高橋未来虹は「本格的なライブが初めてで緊張していたけど、先輩方がつないできた『誰跳べ』を歌って踊れたことが本当にうれしくて。ありがたいことだなって思いました」と喜びを明かした。

 その後もメンバーはアップチューン「キツネ」やアルバムリード曲「アザトカワイイ」など全10曲を歌唱。ラストに「JOYFUL LOVE」をパフォーマンスした後、佐々木久美は「皆さんと私たちがまた元気に顔を合わせてすてきな空間を作れる日を楽しみに、これからの日々を過ごしていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とあいさつ。笑顔でイベントを締めくくった。

 なお今回のイベントの模様は10月17日19時〜10月18日19時までの期間、見逃し配信(アーカイブ)でもう一度楽しむことができる。チケット販売は10月18日13時まで。

「日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」セットリストは以下の通り。

OVERTURE
M1 ソンナコトナイヨ
M2 青春の馬
M3 キュン
M4 ドレミソラシド
M5 ただがむしゃらに
M6 My fans
M7 誰よりも高く跳べ!2020
M8 キツネ
M9 アザトカワイイ
M10 JOYFUL LOVE