女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の公式ツイッターが22日、瀬戸康史と新納慎也の2ショットを投稿。12年前、『仮面ライダーキバ』(テレビ朝日系)で共演した2人の“再会”に、多くの反響が集まっている。

 ドラマ『ルパンの娘』は、2019年7月期に放送された同名ドラマの続編。前作は、代々「泥棒一家」“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々「警察一家」の息子・桜庭和馬(瀬戸)の許されない恋愛を描いた。1年ぶりの続編では、さまざまな障壁を乗り越えて結ばれた華と和馬の“その後”を活写していく。

 公式アカウントが「特撮ファンの皆さま注目!キバvsキング 夢のコラボ」と投稿したのは、瀬戸と新納が共にキバのポーズを決めた2ショット。「瀬戸さんとニ話のゲストの新納さんは仮面ライダーキバでも共演」「オフショットでもバッチリ決めポーズ頂きました これは熱い!!」と紹介した。

 『キバ』では、瀬戸が主人公の1人、紅渡/仮面ライダーキバを、新納が敵役となるキング/バットファンガイアを演じていた。

 コメント欄には「瀬戸さん、大人になったなぁ」「キバット!!!変身!!!ってセリフが今にも聞こえてきそう」「公式さん、本当に最高です」「胸熱です」などの歓声が文字通り殺到。「欲を言えば、もっと特撮コラボというかキバコラボほしいので、サガか音也も呼んでください」といったリクエストも寄せられている。

引用:ドラマ『ルパンの娘』公式ツイッター(@lupin_no_musume)