モデルの藤田ニコルが27日、都内で行われた『第33回 日本メガネベストドレッサー賞』表彰式に出席。女性のサングラス部門を受賞した藤田が恋愛観を語った。

 同賞は、多数の業界関係者からの支持にもとづき選考される“メガネの最も似合う人、今後メガネをかけてほしい人”を表彰する賞で、33年の歴史を誇る。表彰式には藤田のほか、受賞者の中井貴一(芸能界部門・男性)、吉田羊(芸能界部門・女性)、滝藤賢一(サングラス部門・男性)、古舘伊知郎(文化界部門)、加藤勝信内閣官房長官(政界部門)、生見愛瑠(特別賞・SDGs部門)、芸人部門のよしもとメガネ選抜として橋本直(銀シャリ)、稲田直樹(アインシュタイン)、山崎ケイ(相席スタート)、ミキが出席した。

 女性のサングラス部門を受賞した藤田は、大きなサングラスを掛けて登場。「サングラスを掛けているので、いつもより緊張がちょっと弱くなってます」とはにかんだ。

 また「顔がちっちゃく見えるので大きいサングラスを掛けがちです」とこだわりを明かしたうえ、「10個以上は持ってるんじゃないですかね」とサングラス好きをアピール。異性に付けてほしいサングラスを聞かれると「感情を読み取りたいので薄い方がいいなと思います。付き合ってからはいいですけど、付き合う前なら薄めの方がありがたい」と恋愛観を打ち明けた。

 特別賞SDGs部門に輝いた生見は「こんな素敵な場所に立てると思ってなかったので、すごく嬉しいです」と喜びをあらわに。視力が低く、普段からメガネを掛けていると明かした生見に、報道陣が「勉強しすぎて?」と尋ねると、「そう言いたいけど、ゲームしてるから目が悪くなっちゃいました(笑)」と苦笑していた。

 さらに女性の芸能界部門を受賞した吉田は「これまで私はメガネ好きを公言してきましたが、名実ともにメガネキャラクターを宣言できるなと嬉しい思いです」と笑顔を浮かべた。