俳優の三浦春馬さんが主演を務める映画『天外者(てんがらもん)』より、激動の時代を生き抜く主人公・五代友厚の熱情が伝わるWEB限定動画3本が解禁された。

 本作は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた男・五代友厚の生涯を描く。7月に急死した三浦春馬さんが主人公・五代を演じているほか、盟友の坂本龍馬を三浦翔平、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を森永悠希がそれぞれ演じる。

 今回解禁された動画は「約束編」「決意編」「友情編」の3本。

 「約束編」では、夢見ることを望み強く生き抜いた女性・はる(森川)の手を取りながら、「自由になったら何がしたい?」と聞く五代友厚に、涙をこらえた笑顔で「二人で海が見たい」と答えるはるの姿が映し出される。はるを背負い涙を流す五代を背景に、「この約束は必ず守る」「誰しもが、夢を見れる国へ」というナレーションが入り、「俺についてこい!」と熱弁する五代のシーンで幕を閉じる。

 「決意編」は、五代の父(生瀬勝久)が囲碁を打ちながら「あいつの言うことは奇想天外」と言い放つシーンから始まり、まさに五代が「天外者」だったことをうかがわせる。続いて「刀で人を殺しても、世の中は変わりやせん」という力強いせりふと同時に、五代が自らのまげを刀で切り落とす場面が映し出される。彼の決意が表れたシーンとなっている。

 「友情編」では、「どでかい海を知るんじゃ!」と士気高々に語る五代のシーンに続き、若かりし頃の伊藤博文(森永)が「あなたが皆を引っ張るんじゃ」とやつれた様子の岩崎弥太郎(西川)を鼓舞する場面や、五代、坂本龍馬(三浦翔平)、岩崎、伊藤が鍋を囲みながら日本の未来のために志を共にする場面が映し出される。

 映画『天外者』は12月11日より全国公開。