女優の北川景子が2日放送の『新春大売り出し!さんまのまんま』(カンテレ・フジテレビ系)にゲスト出演。タレントで夫のDAIGOとの子育てエピソードを明かす一幕があった。

 北川は2020年9月、第一子を出産したことを公式サイトで報告。わずか3ヵ月後には、綾野剛と共演した映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の完成報告イベントに登壇し、出産後初となる公の場に姿を見せた。司会の明石家さんまが出産直後ながらも出産前のスタイルに戻したことに驚くと、北川は「もう必死に戻しました」と振り返った。北川は「戻さなくていいのなら戻したくなかったです」と本音を明かし、「もう泣きながらトレーニングしてました」と、仕事復帰に向けた苦労を語った。

 その後、トークのテーマは子育てに。出産直後は1時間おきにミルクをあげていたそうで、十分に眠ることができず徹夜も続いたとのこと。見かねたDAIGOが「一晩、ゆっくり寝なよ。やるから」と申し出てくれたそうで、DAIGOと赤ちゃんはリビングに、北川は寝室で眠ることに。

 しかし赤ちゃんの大きな鳴き声が聞こえてきたそうで、なかなか泣き止まないため心配になりリビングを見に行ったところ、DAIGOは赤ちゃんの隣で爆睡していたとのこと。北川は「違う部屋の私が聞こえているのに、同じ部屋で真横に寝てて起きなかった」と説明すると「スゴっと思った」と振り返っていた。