俳優の綾野剛が11日、都内で行われた映画『ヤクザと家族 The Family』の完成報告&生配信トークイベントに出席。公開に対して熱い想いを語った。

 本作は変わりゆく3つの時代にヤクザとして生きるしかなかった男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく家族という視点から描いた作品。綾野がヤクザの世界へと足を踏み入れた男・山本を、舘ひろしが山本に家族という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を演じる。

 イベントには綾野のほか、舘、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗、藤井道人監督も登壇した。

 映画公開の気持ちを尋ねられると綾野は「この時期ということに、僕たちは表に出てお話させていただくことが多いので、どうしても今の現状のことを話して、自分の感情を吐露するということも1つあると思うんですけど」と前置きし「それ以上に、どんなときもエンターテイメントは不屈で、不要ではない、ということを届けていくべきだと思う」と吐露。続けて「今僕たちはこういう機会が許されて、映画館も今のやり方で映画館を運営していくというところも含めて、少しでもエンターテイメントが終わってない、存在している、ということがみなさまの心に華を添えることになるのではないかという思いでここに座っています」と熱い思いを明かした。

 同作を一文字で表すと?という質問に舘は「愛」と回答。「今どきちょっとリスキーなテーマの作品ですが、台本を読ませていただいて、ぜひやりたいと思った作品です。愛がいっぱいあふれています」と明かした。一方で綾野も「愛」と答え「すごいですね。うれしいです」とにっこり。舘はそれを受けて「愛し合ってますから」と笑顔を見せた。

 初共演となる2人だが、舘は綾野について「大変勉強させていただきました。この映画は綾野くんが映画全体を引っ張っていたという感じがします。山本という役を演じるというよりも、山本という役を生きた、という印象をすごく受けました」と絶賛。どのようなところが素晴らしかったかと聞かれると、舘は「すべてのシーンですね」と太鼓判を押していた。

 撮影現場は緊張しなかったかと振られると磯村は、綾野が温かく現場に迎え入れてくれたことや、藤井監督が事前に現場の写真を送ってくれるなどして、入りやすい現場作りをしてくれたと回顧。「愛のある現場だったな、と改めて感じたので、緊張というより心が温かくなりました」としみじみ語った。

 映画『ヤクザと家族 The Family』は1月29日より全国公開。