俳優の田中圭が主演を務める映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』より、熱いドラマを予感させる場面写真が一挙解禁された。

 本作は、1998年長野五輪での日本のスキージャンプ団体金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの秘話を、史実に基づきオリジナルストーリーで描くヒューマンドラマ。監督は『荒川アンダーザブリッジ』で注目を集めた映像作家・飯塚健。

 田中演じる主人公のスキージャンパー・西方仁也は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で日本代表をけん引するも、エース・原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃す。続く長野五輪での雪辱を誓うも、故障で代表落選。悔しさに打ちひしがれる中、テストジャンパーとして長野オリンピックに参加して欲しいと依頼される。

 解禁となった写真は、西方(田中)が膝をつき、悔しさに満ちた表情を見せる様子や、日本代表を支えることを決意し、テストジャンプに臨む姿を写している。さらに、西方の妻・幸枝(土屋太鳳)が夫のテストジャンプの成功を祈るように見守るシーンを切り取った1枚も初披露された。

 西方と同じくテストジャンパーとして日本代表を支えた面々には、聴覚障害のある高橋竜二(山田裕貴)、25人のテストジャンパーの中で唯一の女子高校生・小林賀子(小坂菜緒)、そして、けがが原因でトラウマを抱えてしまった南川崇(眞栄田郷敦)といった、個性豊かな登場人物たちが登場する。
 
 そんなテストジャンパーたち全員が悪天候下でテストジャンプを成功させなくてはいけない重圧の中、“ヒノマルソウル”を胸にチーム一丸となる場面や、原田雅彦(濱津隆之)のジャンプ成功に歓喜するテストジャンパーたちの様子を収めた場面カットも公開。ラージヒル団体・金メダル獲得の舞台裏では一体どのようなドラマが起きていたのか、物語への期待が高まる内容となっている。

 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』は5月7日より全国公開。