女優の萩原みのり、Travis Japanの宮近海斗が17日、都内で行われたドラマ『RISKY』完成披露トークイベントに、山下リオ、深川麻衣、古川雄輝とともに出席。宮近が、「今回ひと肌脱がせていただいたんです」と話す本作での撮影を振り返った。

 電子コミック配信サービス「めちゃコミック」の人気漫画『RISKY〜復讐は罪の味〜』を実写化した本作は、幼い頃に両親を失い姉に育てられたヒロインが、姉の人生を狂わせた“女”に復讐を仕掛けていくラブサスペンス。恐ろしい復讐を企む主人公・広瀬ひなたを萩原が、謎の好青年・浅井光汰を宮近が演じる。

 萩原は「1作品に1、2個あるはずの山場が10個くらいあったような感じで本当にハイカロリー。撮影に行くのは楽しみなんですけど、消費するカロリーがものすごいんですよね。全身から振り絞って感情をぶちまけていた日々でした」と回顧。

 宮近は「演じたことのないキャラといいますか、色々模索しました」と撮影を振り返る。さらに「今回ひと肌脱がせていただいたんです。ひと肌というか、服を脱ぎました(笑)。そういうシーンを僕宮近としては世の中にお届けしたことがなかったので、そういった部分を披露できたのは自分にとって大きななにかになったと思います」とアピールした。

 また古川は自身の役どころを「萩原さんのことが今好きで、深川さんのことが過去に好きで、山下さんは好きだけど別れたいっていう状況が違う恋愛をしている」と説明。「あまりひとつの作品で、3人の女性と恋愛関係にあるっていうことがないので、ちゃんと演じ分けられるように頑張ってみました」と苦笑した。

 本作がゾクゾクしながらキュンとする“ゾクキュン”ドラマであることにちなみ、最近“ゾクキュン”したことを聞かれた宮近は、振付師とのエピソードを披露。

 事前に聞いた萩原が大爆笑していた、と前置きしつつ、「打ち合わせで、僕がメンバーの位置とかを指でこここうした方がこうじゃない?みたいな意見を言わせていただいていて。そしたらゲキコワ振付師さんさんが『おい宮近!』って。怒られるってテンションでゾクッとしたわけですよ。で、『なんですか』って言ったら『お前右手の人差し指と左手の人差し指、長さ違うな』って言われたんですよ。『えー、そこ!?』って思って。くしゃくしゃの笑顔で笑ってたのでキュンとしたっていうお話です」と話すと、会場には静寂が。宮近は「萩原さんだけでした」とぼやき、萩原は「私も一緒にスベったみたい。私が間違ってた気がしてきたので、あと3ウケくらいしてほしかったです」とつぶやいていた。

 ドラマ特区『RISKY』は、MBSにて3月25日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて3月25日より毎週木曜23時、チバテレにて3月26日より毎週金曜23時(初回のみ24時)、テレ玉にて3月31日より毎週水曜24時、群馬テレビにて4月1日より毎週木曜23時30分、とちテレにて4月1日より毎週木曜25時30分放送。