乃木坂46・齋藤飛鳥が、23日発売の「アップトゥボーイ」(ワニブックス)Vol.301の表紙&巻頭グラビアに登場。今回は老若男女問わず愛される彼女を、男性写真家と女性写真家が異なるテーマ、衣装で撮り下ろす企画となっている。

 前号で記念すべき300号を達成。リスタートとなる1歩目の“顔"として登場するのは、同誌登場が2018年3月号以来、実に3年ぶり。人生初ソログラビアから始まった“あしゅ”(齋藤の愛称)とのお付き合いもはや丸8年。今回は老若男女問わず愛される彼女を、男性写真家と女性写真家が異なるテーマ、衣装で撮り下ろすという企画となっている。

  “MYSTICAL"と名付けられた前半パートでは、幻想的な世界観の中、儚く甘い切り口で、Vol.299の梅澤美波裏表紙も担当したFujiiYuiが撮影。後半の“INDUSTRIAL"パートは、Vol.289の山下美月表紙のアートワークも印象的だった唐木貴央が担当。こちらは前半と打って変わって強く美しくクリアなあしゅを堪能できる。前後半各10ページ、まったく違った仕上がりの巻頭・巻末グラビアは見逃せない。

 乃木坂46からは4期生の田村真佑も登場。同誌で3度目のソログラビア登場となる。前回の「OLまゆたん」が直球だとすると、今回は変化球も織り交ぜた、今までにない仕上がりに。王道の“きれいなお姉さん"要素もありつつ、“見たことのないまゆたん"にもたくさん出会える、そんな12ページのロンググラビアとなっている。

 乃木坂46・齋藤飛鳥が表紙を飾る「アップトゥボーイ」Vol.301はワニブックスより23日発売。