日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.080 寺島進

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第11話で寺島は、任侠映画『アウトローの森』の行く末のカギを握る、元祖バイプレイヤーズ“寺島進”役を演じた。

 2017年放送の第1弾『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』以来の出演となる寺島。久々の『バイプレイヤーズ』の現場に「なんだか緊張したね。でも、久しぶりにトモロヲさん、光石さん、松重さん、遠藤さんと再会できて嬉しかったし、皆さん温かかった!」とコメント。100名以上のキャストが出演するという壮大なスケールの最新作は「いろんな角度からの発想が、感心してしまうぐらい、面白かった!」そう。

 4年ぶりの登場となる本作の魅力を改めて尋ねると「仲間、コミュニケーション、個々の人間力。この3つを合わせ持ってるから、魅力的なのかもね!!」との答えが返ってきた。

★寺島進/1963年11月12日東京都出身。松田優作監督の『ア・ホーマンス』で映画デビュー。その後、映画、ドラマと幅広い作品で存在感を放ち、北野武監督映画の常連に。主な出演作に映画『交渉人 真下正義』『清須会議』『記憶にございません!』、NHK大河ドラマ『真田丸』、『アンフェア』シリーズ、『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』シリーズ(フジテレビ系)、『流星の絆』(TBS系)などのほか、主演作も『逃亡者 木島丈一郎』(フジテレビ系)、『駐在刑事』シリーズ(テレビ東京系)など多数。日本アカデミー賞 助演男優賞、東京スポーツ映画大賞 助演男優賞、毎日映画コンクール 男優助演賞、高崎映画祭 最優秀助演男優賞、日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞などを受賞。

●『バイプレイヤーズ』第11話プレイバック

 海外の超大型配信社VS日本の名脇役! バイプレウッドでは自主映画『アウトローの森』の撮影に向けて動き出していた。そんな矢先原作の権利が海外の会社「アマゾネックス」に渡っていることが発覚…。撮影中止の危機に追い込まれる。企画を売ったのは誰なのか…? 田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一は撮影再開のために奔走し、あるアイデアを思いつくが…。そんな中、まさかの“あの人”登場で、衝撃の結末を迎えることに!?