映画『荒野にて』でベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した、注目の若手俳優チャーリー・プラマーが主演を務める、青春サスペンス映画『クローブヒッチ・キラー』の公開が6月11日に決定。併せて、場面カットと予告映像が解禁された。

 本作は、16歳の思春期にいる少年が、あることをきっかけに父親が10年前に起きた“クローブヒッチ(巻き結び)連続殺人鬼”ではないかと疑い、調査していく姿を描くサスペンス・スリラー。

 1980年代のアメリカで黄金期を迎えた10代の若者を主人公にしたジュブナイル映画(『E.T.』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』)、ホラーとスリラーの要素がつまったスラッシャー映画(『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』)、またその系譜にある『ストレンジャー・シングス 未知の世界』『サマー・オブ・84』などを彷彿とさせるティーンエイジャー目線で紡がれた本作は、家族への信頼と疑い、コミュニティにおける人間関係の不協和音が見る者を思春期へとタイムスリップさせると同時に、衝撃的な結末で純真無垢な時代の終わりを痛烈に印象付ける青春サスペンスだ。

 主人公の少年タイラーを演じるのは、リドリー・スコット監督作『ゲティ家の身代金』で誘拐被害者となる富豪の孫を演じて注目を集め、『荒野にて』では第74回ベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した、新進若手俳優のチャーリー・プラマー。
 
 父親のドンを、『ザ・シークレット・サービス』やドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』のディラン・マクダーモットが怪演。母親役に『ブロークン・アロー』『愛と呼ばれるもの』のサマンサ・マシス、タイラーの相棒となる少女カッシ役には『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でマンソン・ファミリーのケイティ役を演じたマディセン・ベイティがふんする。監督は、米映画界の新鋭ダンカン・スキルズ。

 16歳の少年タイラー(チャーリー)は、信仰を重んじる小さな町の貧しくも幸せな家庭で暮らしている。ある日、ボーイスカウトの団長も務め、町でも信頼の厚い父親ドン(ディラン)の小屋に忍び込んだタイラーは、猟奇的なポルノや不穏なポラロイド写真を見つけてしまう。調べを進めてゆくにつれ、10年前に起きた未解決事件「クローブヒッチ(巻き結び)連続殺人事件」の犯人が父親ドンなのではと、日ごとに疑惑が増していくタイラー。同じく事件を追う少女カッシに協力を求め、真相を究明しようとするが…。

 予告映像は、父親のドンが、ボーイスカウトの少年たちに「ロープの結び目は、仲間や家族との絆に例えることができる」と語る場面や、タイラーが家族と幸せに暮らす場面からスタート。続いて、タイラーと少女カッシが出会い、共にクローブヒッチ事件を調査していく姿が映し出されていく。

 調査を進めるにつれ、「突然悪い考えが浮かんだとしたら? 例えば殴りたくなったとする。殴ればサルと同じだ」と語るなど、不穏な様子をにじませていく父ドン。最後は、タイラーが不安な表情で森の中をドンと歩く緊張感漂う場面と、「すべての家族には、見てはいけない秘密がある」というキーフレーズで締めくくられている。

 映画『クローブヒッチ・キラー』は6月11日より全国順次公開。