今夜3月31日放送のバラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、4月から新たな門出を迎えるTOKIOが4人だけの最後のトークを届ける。卒業する長瀬智也は視聴者へメッセージを寄せる。

 4人だけの最後の収録はキャンプ形式で行われた。松岡昌宏は「4人だけの収録はなんだか新鮮だね!」と話し、収録はリラックスした雰囲気でスタート。キャンプセットの後ろには、4月からの新セットが初登場し、国分太一に「新セットはどう?」と話を振られた長瀬は「今、見せられても!」とつっこみ、スタジオは笑いに包まれた。

 また、たき火を囲みながら、これまで番組に出演した事務所の先輩、同期、後輩たちをまとめた“ジャニーズ年表”を振り返り、国分らはJ‐FRIENDSメンバーへの特別な思いを明かす。

 ほかにも、ゲストたちの名場面の映像を見ながら、当時のエピソードなどを語り尽くす4人。ゲストにむちゃぶりしているシーンが流れると、長瀬が「ゲストに何をやらせてるんだ!」と叫び、笑いを誘う。2015年にクリスティアーノ・ロナウドがスタジオ出演した場面では、松岡が「この収録の時はさ…」と当時の収録秘話を語る。

 さらに「メンバーがもう一度見たいシーン」として、国分は2019年に放送した、メンバーのプライベートに密着した回を挙げる。それぞれが私服で休日の過ごし方を披露していく中、城島茂に“やらせ疑惑”が生じたのだが、今回は城島自らその真相を明かす。

 エンディングが近づくと、城島が「せっかくだからみんなで記念写真を撮ろう!」と提案。過去の写真を見ながら思い出話に花を咲かせつつ、スマホのセルフィーで4人での集合写真を撮影する。そして、番組のラスト、「TOKIOだからこそ、こういう力の抜けたトークができた」と振り返る長瀬が視聴者へ贈るメッセージとは?

 『TOKIOカケル』は、フジテレビ系にて今夜3月31日23時放送。