俳優のリリー・フランキーが、2022年公開予定の日英合作映画『Cottontail(英題)』で主演を務めることが発表された。共演に、錦戸亮、木村多江、高梨臨を迎える。

 「英国アカデミー賞US学生映画賞」受賞監督であるパトリック・ディキンソンの新作となる本作は、愛する人を失うことにより崩れかけた家族の再生の物語。残された家族が、大切な人を失う悲しみを受け入れるまでのさまざまな思いを、母の遺言に記されたイギリス北部の湖水地方にあるウィンダミア湖への旅の中で描いていく。 Cottontail(コットンテール)とは、作家ビアトリクス・ポターの名作『ピーター・ラビットのおはなし』に登場する、ピーターの3匹の妹のうちの一匹の名前。

 本作で脚本も務めるディキンソン監督は、「英国アカデミー賞US学生映画賞」と、ヨーロッパ人として初めて「学生エミー賞」をドラマ部門で受賞し、現在映画やテレビで活躍。早稲田大学に留学経験があり、多くの日本映画を観ている中、今回の出演者を決めた。

 そんなディキンソン監督が選んだキャストは、主演にカンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞作『万引き家族』のリリー・フランキー、演技力に定評のある錦戸、リリーとダブル主演を務めた『ぐるりのこと。』で数々の賞を受賞した木村、アッバス・キアロスタミ監督作『ライク・サムワン・イン・ラブ』で主演に抜てきされた高梨。イギリスからは、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART 2』のキアラン・ハインズ、主演作『ワイルド・ローズ』で英国内にて数々の賞を受賞したジェシー・バックリーが出演することが決定している。

 健三郎(リリー)は、妻・明子(木村)を失うまで、しばらく一人息子のトシ(錦戸)とは疎遠になっていた。明子の葬式で久しぶりに、トシとその妻さつき(高梨)、孫のエミに会う。ところが喪主であるはずの健三郎は、酒に酔い、だらしない態度。トシは、そんな父親に苛立ちつつも、気にかける。そして明子の遺言状が開封されると、そこには、明子が子どもの頃に好きだった『ピーターラビット』の発祥地であり夫婦で行きたいと思っていた、イギリスのウィンダミア湖に散骨して欲しいという内容が記されていた。

 健三郎とトシ一家は、明子の願いをかなえるため、イギリス北部の湖水地方へ旅立つ。しかしイギリスに来ても、何かに悩みながら大人げない態度をとり続ける健三郎にトシは苛立つ。心を開いて向き合えない健三郎とトシは、旅の途中のロンドンで言い争いとなり、健三郎は何も言わずに一人で湖に向かってしまう。トシが道に迷い、疲れ果て、途方に暮れていると、ある農場に住むジョン(キアラン)とその娘メアリー(ジェシー)に出会う。優しい二人の世話になり、しだいに心がやすらいでいった健三郎は、意を決してトシに連絡。そして迎えに来たトシに、ずっと言えなかった秘密を打ち明ける…。

 ディキンソン監督は、日本人キャストについてそれぞれ選考理由をコメント。リリーについて「今を代表する素晴らしい俳優の一人です。彼が役柄にこめる繊細で人間らしい演技には、毎回驚かされますし、これこそが彼が特別な存在感を放つ理由だと思っています」、錦戸については「演じる役の感情に観客を引き込む事が非常に上手な俳優さんです。『羊の木』での亮さんのお芝居で僕は、どんどん彼の役の感情に引き込まれ、忘れられない映画体験をさせて頂きました」とコメント。

 木村について「日本アカデミー賞を受賞された『ぐるりのこと』でのお芝居を拝見して、本当に素晴らしいと感じました。多江さんは偽りのない真の感情を見事に表現していて、僕は何度も泣かされました。多江さんの、この“真に迫るもの”こそが、観客の心の奥深くまで響き、感動を与える理由だと思っています」、高梨については「『ライク・サムワン・イン・ラブ』でのお芝居は本当に秀逸でした。臨さんは役柄を、希望や恐怖心などを抱え持つ人間味あふれる存在として見事に演じ、私は、彼女に特別な才能を感じました」と語っている。

 映画『Cottontail(英題)』は2021年初夏、日本より撮影開始。2022年日本公開予定。

 パトリック・ディキンソン監督、プロデューサーのカブリエル・タナのコメント全文は以下の通り。

■パトリック・ディキンソン(監督)

 リリー・フランキーさんは、今を代表する素晴らしい俳優の一人です。彼が役柄にこめる繊細で人間らしい演技には、毎回驚かされますし、これこそが彼が特別な存在感を放つ理由だと思っています。今回「コットンテール」という愛の物語でリリーさんと一緒に作れる事をとても楽しみにしていると同時に、世界中の人々の心に触れる美しい映画にしていきたいと思っています。

 錦戸亮さんは、演じる役の感情に観客を引き込む事が非常に上手な俳優さんです。「羊の木」での亮さんのお芝居で僕は、どんどん彼の役の感情に引き込まれ、忘れられない映画体験をさせて頂きました。才能豊かな亮さんの演技の幅広さと奥深さを「コットンテール」で皆さんにも体験して頂ける事を嬉しく思っています。

 木村多江さんが日本アカデミー賞を受賞された「ぐるりのこと」でのお芝居を拝見して、本当に素晴らしいと感じました。多江さんは偽りのない真の感情を見事に表現していて、僕は何度も泣かされました。多江さんの、この“真に迫るもの”こそが、観客の心の奥深くまで響き、感動を与える理由だと思っています。多江さんと一緒に「コットンテール」という愛の物語で、彼女の才能を映像化できる事が楽しみです。

 高梨臨さんのカンヌ国際映画祭に正式招待された『ライク・サムワン・イン・ラブ』でのお芝居は本当に秀逸でした。臨さんは役柄を、希望や恐怖心などを抱え持つ人間味あふれる存在として見事に演じ、私は、彼女に特別な才能を感じました。幸運にも臨さんがキャストに加わって下さった事で、「コットンテール」をご覧になった方々は、きっと彼女の細やかな感情あふれるお芝居で胸心を動かされる事だろうと思っています。

■カブリエル・タナ(プロデューサー)
 パトリック監督の脚本の元に、こんなにも素晴らしい俳優さんたちが集った事を大変嬉しく思っております。この美しい物語を映画としてこれから皆さんと作れる事を、製作者一同楽しみにしております。素晴らしい監督や役者やスタッフとともに、この愛の物語は、言葉も国籍も越え、多くの方々の心に響く作品にしていきたいと思っています。