俳優の田中圭と女優の土屋太鳳が5日、都内で行われた映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』完成披露イベントに出席。土屋のエピソードトークを披露するも、田中が「ちょっと嫌な予感がした」と制する一幕があった。

 同作は、1998年長野五輪での日本のスキージャンプ団体金メダルを陰で支えた25人のテストジャンパーたちの秘話を、史実に基づきオリジナルストーリーで描くヒューマンドラマ。主演の田中が西方を、土屋が西方の妻・幸枝を演じる。

 この日は共演の山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、飯塚健監督、作品のモデルとなった西方仁也、長野五輪金メダリストの原田雅彦も登壇した。

 当初は2020年6月公開予定だった本作。田中は「何事もなく普通に去年公開しているのがきっと良かったのかなと思うんですが、個人的には楽しみが1年延びたじゃないですけれども、すごくワクワクした気持ちとみんなに観ていただきたいなっていう気持ちと、おまけといいますか、楽しい1年をプレゼントしてもらったという気持ちの方が強いのが正直なところです」と公開延期を前向きに捉えた。

 また、田中は一番好きだった場面として、古田新太との共演シーンを挙げ「2人でトンネルの中で無言で見つめ合うシーンなんですけど、あの人僕の名前忘れてるだけですからね」と暴露。山田が「忘れたと思わせないベテランの妙ということですよね」と応じると、田中は「俺にはバレてる。『ごめん忘れた』とか一切言わないから。『俺は全然忘れてないよ』って感じでジーッと見てる。でも明らかに考えてる」と笑わせた。

 土屋は、2度目となる田中との夫婦役について「前の作品で違う夫婦を演じていたので『自分の頭切り替えられるかな』って思った」と不安があったことを告白。続けて「ですけど、圭さんの安心感で心と心をつなげてくださるので、お芝居していても『そうやって演じるんだ』って刺激をいただけました」とコメントした。

 さらにキャスト陣を食事に連れていった田中が「みんなを仲良くさせるために自分がいっぱい飲むぞ」と率先して現場を盛り上げていたエピソードを披露しようとすると、突如、田中が「土屋さん! 一回その話やめよう。わかんないけどね。いや全然良かったんだけど、これ以上土屋さんがしゃべるとなにかおかしなことになる気がちょっとして!」と土屋を制止。田中は、なおもトークを続ける土屋を不安げに見つめ、無事に話が終わると「いやなんも悪いこと言ってないよ。ただただ俺がちょっと嫌な予感がしただけだから」と冷や汗をぬぐい、笑いを誘っていた。

 また、唯一の女子高校生テストジャンパー・小林賀子を演じた小坂は「私が発した言動でみんなの空気を変えるシーンがあったんですけど、普段の自分だったらそんな思い切ったことを口に出したりできないので、小林賀子だから言えたセリフ。女の子ひとりの言動で、大人みんなの気持ちを動かすことができたっていうあのシーンはすごく印象に残っています」と印象的だった場面を振り返った。

 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』は5月7日全国公開。