女優のスカーレット・ヨハンソンが主演するマーベル・スタジオ最新作『ブラック・ウィドウ』より、ブラック・ウィドウの幼少期を収めた最新予告「“家族”編」が世界同時解禁された。

 2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』で衝撃の決断を下したブラック・ウィドウ。孤独な暗殺者だった彼女はなぜアベンジャーズというヒーローになったのか? 本作では、その背景につながる過去が描かれる。スカーレット演じる“美しき最強のスパイ”ブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフの幼少期役には、ミラ・ジョヴォヴィッチの娘として知られるエヴァー・アンダーソンが抜てきされた。

 ブラック・ウィドウの前に突如現れた“妹”エレーナ(フローレンス・ピュー)。 姉妹は、自分たちを暗殺者に育てたスパイ組織レッドルームの秘密を知ったことで命を狙われる。唯一の味方は、かつて組織が生み出した“偽りの家族”だけ。だが、この家族の再会によって、レッドルームの恐るべき陰謀が動きだす…。

 最新予告は、「あなたはまだ知らない。私のすべてを。アベンジャーズに―“家族”に出会う前に、過ちを犯した。だから、自分が何をすべきか決断した」というセリフと、ブラック・ウィドウが“家族”と呼ぶアベンジャーズと共に戦ってきた映像から始まる。続いて、その昔、ブラック・ウィドウが、レッドルームが産み出した“偽りの家族”と過ごした幼少期が描かれ、これまで語られてこなかった謎めいた過去が明かされていく。

 ブラック・ウィドウの幼少期である青髪の少女(エヴァー)に、自称キャプテン・アメリカの宿敵である“父”レッド・ガーディアン/アレクセイ(デヴィッド・ハーバー)が力強く生きることを説く場面や、レッドルームの天才科学者である“母”メリーナ(レイチェル・ワイズ)がウィドウを連れ逃げていると思われるシーン、そしてウィドウが何者かによって強引に“妹”エレーナと引き離されてしまう場面など、彼女が経験してきた壮絶な過去が次々と描かれる。

 さらに本映像には、ブラック・ウィドウの特徴であるスピーディーかつスタイリッシュなアクションシーンも収録。市街地での激しいカーチェイス、本作の注目ポイントであるタスクマスターとの空中戦など、360度展開のハイスピードバトルが展開。飛行能力などのスーパーパワーを持たないブラック・ウィドウだからこそのアクロバティックな戦闘シーンの数々が垣間見られる、迫力満点の映像となっている。

 映画『ブラック・ウィドウ』は、7月9日より劇場とディズニープラス プレミア アクセスにて同時公開。