映画史上最も象徴的な2大モンスター、<破壊神>ゴジラと<守護神>コングが激突するシリーズ最新作『ゴジラvsコング』。北米にて3月31日より公開され、初日興行収入が960万ドル(約10.6億円)を記録するなど、コロナ禍での封切り作品の中で最高成績を達成した。

 本作は、ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』(2014)より展開してきたハリウッド版『ゴジラ』シリーズと、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の壮大な世界観がクロスオーバーする、「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。日本からは小栗旬が、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮という重要な役どころを演じ、ハリウッドデビューを飾る。

 先週3月31日より、いよいよ本場ハリウッドを含む北米で公開された本作。北米(アメリカ・カナダにて、初日2409館、週末3064館)での31日の初日興行収入は960万ドル(約10.6億円)となり、コロナウイルスのパンデミック以降、初日の興行成績としては北米マーケット史上最高の成績を記録(これまでは『ワンダーウーマン 1984』の760万ドル)。

 また、公開週末4月2〜4日の3日間の興収は3220万ドル(約35.4億円)にのぼり、週末興行ランキング(※Warner Bros. Pictures発表)にて圧倒的な第1位を獲得。 公開5日間トータルの成績は4850万ドル(約54.2億円)に達し、コロナ禍以降、公開週末興収&公開5日間興収ともに、北米で最高の成績でのスタートとなった(1ドル=110.57円で換算)。

 さらに、先日3月24日を皮切りに、中国、メキシコ、オーストラリア、インドなどいち早く公開された37の国と地域の全てでも、公開週末興行収入ランキング第1位を獲得しており、北米と併せて全世界にてランキング1位を記録。これまでに、全世界での累計興行収入は2億8540万ドル(約315.6億円)を記録するなど、まさに、ゴジラとコングの究極対決を描いた本作のスケールに相応しい“地球最大規模”での大ヒットスタートとなっている。

 そして今回、この世界的ヒットを記念し、本作の新ビジュアルが解禁。ゴジラとコングの壮絶なバトルを、崩れ行くビルの中からなす術もなく見つめる人間の視点で描かれた迫力満点のビジュアルとなっている。

 映画『ゴジラvsコング』は5月14日より全国公開。