歌手ジェジュンの半生を、イ・ジェハン監督が映像化するドキュメンタリー映画『ON THE ROAD an artist’s journey(原題)』が、邦題を『ジェジュン:オン・ザ・ロード』として今夏、世界最速で日本公開されることが決定した。

 2004年のデビュー後、母国の韓国のみならず日本でも圧倒的な人気を集め、3月には自身の冠番組『ジェジュンJ!』(BSスカパー!)がスタートするなど活躍の場を広げるジェジュン。映画『コードネーム:ジャッカル』主演をはじめ、テレビドラマにも多数出演するなど俳優としての顔も持つ。本作は、そんな彼の真髄と夢のルーツを探す旅を切り取ったドキュメンタリー映画。

 『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』など人気作を手掛けたイ・ジェハンが監督を務め、ドラマ『梨泰院クラス』のパク・ソンイルが音楽を担当。ジェジュンがステージで見せるアーティストの顔ではなく、まっさらな1人の青年として自己と向き合い、自分のこれまで生きてきた人生をたどりながら、自分自身を探っていく姿が描かれる。

 コンサートのバックヤード映像や稽古風景、創作活動の様子なども織り込みながらも、映像のほとんどはイ・ジェハン監督を相手に複雑な生い立ちや少年時代、兵役を経て変わった価値観、そして人々に衝撃を与えた“過去活動したグループ”にまつわる話などを語っていくジェジュン。いまだ消えることのないメンバーへの思いを、言葉に詰まりながら語っていく。

 作中では、小学生時代に暮らした思い出の地を巡り、幼なじみに再会し笑顔で語り合い、友人たちに手料理をふるまうジェジュンの姿も映される。同級生や恩師、軍隊時代の仲間、写真家、ギタリストのキム・テウォン、そして後輩アーティストらの証言から、ジェジュンの素の姿が見えてくる。彼がこれから何を目指しどこへ向かっていくのか、ファンならずとも胸を打たれるドキュメンタリーに仕上がっている。

 ジェジュンは、「僕の生きてきた道を振り返りながら、今まであまり話したことのない想いや、僕の考える未来についての想いなど、たくさん語りました」と明かし、「僕の大好きな映画『私の頭の中の消しゴム』の監督でもある、イ・ジェハン監督に撮影して頂き、とても素敵な作品になったと思いますので、沢山の方に劇場で見て頂けたら嬉しいです」とコメントした。

 ドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』は今夏全国公開。