女優の浜辺美波が主演する『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』 より、場面写真が到着。ジャニーズWESTの藤井流星が演じる、シリーズ最凶のヴィラン・視鬼神真玄が生徒会長の玉座に座る場面を収めている。

 河本ほむら原作、尚村透作画で月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)連載中の漫画『賭ケグルイ』は、2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題に。そして2019年春にはシーズン2を放送、続く2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が公開された。

 本作は、そんな人気シリーズの劇場版第2弾。前作で描かれたギャンブルバトル“生徒代表指名選挙”が幕を閉じた直後の物語が、原作者の河本監修の完全オリジナルストーリーで描かれる。浜辺らレギュラーキャスト陣が続投するほか、シリーズ最凶最悪の刺客・視鬼神真玄役をジャニーズWESTの藤井流星が務める。監督は英勉。

 生徒代表指名選挙を終え、平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園。しかし生徒会は、蛇喰夢子(浜辺)の幾度にも及ぶ逆転劇に危機感を募らせていた。一方、学園内では生徒会への上納金を支払えない家畜の人数が爆発的に増加。「家畜の呪い」と呼ばれたその謎の現象により、学園内は異様なムードに包まれ、家畜たちによる生徒会役員への公式戦ギャンブルが横行する非常事態となっていた。

 そんな中、一人の男が突如学園にあらわれる。彼の名は視鬼神真玄(藤井)。2年前に起こしたある事件をきっかけに、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)によって学園を追われた過去を持つ、共感覚という特殊能力を持った最凶最悪のギャンブラーだ。彼の策略にハメられた夢子は打ち負かされ、ギャンブルを封じ込められてしまう。さらに傍若無人な視鬼神は、ついに綺羅莉を生徒会長の座から引きずり下ろす。そして迎えた、会長交代式。夢子は綺羅莉と共に、視鬼神に“公式戦”を申し込むのだった―。

 今回公開された場合写真は、これまでの『賭ケグルイ』シリーズで、桃喰綺羅莉が絶対的権力として座していた生徒会長の玉座に、視鬼神が座る姿を捉えたもの。同役を迫力たっぷりに演じた藤井は、視鬼神真玄は映画オリジナルのキャラクターだったため演じるうえでのヒントがなく、当初は不安もあったと明かす。

 しかし、衣装合わせの段階から、藤井と英監督との間で積極的にアイディアの交換が行われ、英監督の脳内でイメージされた視鬼神の独特な声の出し方や奇妙な動きが、藤井のパフォーマーとしての高い表現力によって実体化。結果、圧倒的なシリーズ最凶のヴィランが誕生した。新たな映像や写真が解禁されるたびに、SNSを中心に大きな話題を呼ぶ視鬼神。藤井が渾身の演技で作り出したシリーズ最凶最悪のヴィランに期待が高まる。

 『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』は4月29日より全国公開。