俳優の藤木直人が、WOWOWにて7月から放送される『連続ドラマW 黒鳥の湖』で主演を務めることが決まった。WOWOWのドラマへの出演は17年ぶりとなる。

 宇佐美まことの小説『黒鳥の湖』(祥伝社)をドラマ化する本作は、人間の悪を描くミステリー。かつて卑劣な手段で財産を得た男は、美しい妻と娘と幸せに暮らしていたが、やがて因果が巡って災いがもたらされる…。全ては自らが過去に犯した罪の報いなのか―︖ 原作者の宇佐見は、『愚者の毒』で日本推理作家賞を受賞し、その後もミステリー小説を次々に発表している人気急上昇中の作家のひとりで、作品の映像化は本作が初となる。

 藤木は、“ザイゼンコーポレーション”の社長で、過去の過ちに罪悪感を感じながら次第にほんろうされていく主人公・財前彰太を演じる。共演陣は、彰太の妻で、事件に巻き込まれていく中で過去の秘密が明らかになる財前由布子役に吉瀬美智子。寺の住職の息子で、由布子が参加した“瞑想の会”を開く若院役に、WOWOWのドラマ初出演となる三宅健。若院の母親で、由布子の精神的な支えになり、良き相談相手となる大黒様役に財前直見。

 何もかもが似過ぎている…。若い女性が拉致され、持ち物が次から次へと家族のもとに送られてくるという事件が発生する。ザイゼンコーポレーションの社長、財前彰太(藤木)は、興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男性から、娘が拉致されワンピースの切れ端や切り刻んだ下着、剥がされた爪や写真が送られてきたという事件の調査を依頼された過去があった。今になって似たような事件が起き、財前は動揺する。

 今の華々しい生活があるのは、財前がその事件を利用して大きな“細工”をしたからだった。財前の“細工”により、18年前には真犯人は逮捕されなかった。そして今、その犯人が18年の時を経て、また動き出している…︖そんな中、財前の愛娘・美華が行方不明になり、持ち物が送られてくる。18年前の“細工”のバチが当たったのだ…。そう思う財前。さらに、独自に調べを進めるうちに、妻・由布子(吉瀬)の過去を知ることになり…。

 久々のWOWOWドラマ出演となる藤木は「WOWOWで『宿命』というドラマをやらせてもらったのがもう17年前。主人公彰太の過去の事件とほぼ同じくらい前(笑)。スケジュールはハードになりそうですし、今の世の中の状況もとても大変ですが、まずはしっかりと毎日健康体で撮影に臨みたいと思います」と意気込む。

 WOWOWのドラマ初出演となる三宅は「ドラマでミステリー作品に出演させて頂くのは今回が初めてなので、これまで⾒せたことのなかった⾃分をお⾒せできるのではないかと思いました。また、WOWOWでは初めてのドラマ出演になりますので楽しみにしております」とコメントを寄せている。

 『連続ドラマW 黒鳥の湖』は、WOWOWにて7月より放送・配信スタート。全5話。