女優の北川景子が主演を務め、俳優の永山瑛太と夫婦役で共演するドラマ『リコカツ』(TBS系/毎週金曜22時)第2話が今夜放送。第2話では、夫婦で参加するパーティーの日にダブルブッキングした紘一(永山瑛太)と大喧嘩した咲(北川景子)が、元カレの青山貴也(高橋光臣)と偶然再会する。

 交際ゼロ日婚を果たしたが、お互いのあまりの不一致に離婚を決意した咲。しかし、歩道橋で足を滑らせた自分のことを守ってくれた紘一の頼もしさと、「まだ君の夫だから」という優しい言葉に心が揺れる。

 そんな時、事件が起こる。紘一の母・薫(宮崎美子)が離婚届を残して家を出て行ったのだ。2人で緒原家に駆けつけると、父・正(酒向芳)は心配するでもなく、紘一の妻である咲に当たり前のように夕飯の支度を要求。そんな義父の態度にも、それを何とも思わない様子の紘一にも、咲は腹を立てる。

 翌日、咲は編集長の大崎(松永天馬)から、ラルフローレンの新連載の企画を聞く。連載を依頼する吉良夫妻を招いてパーティーを開くので、咲にも夫婦で出席してほしいという。成功したら外されていた企画の担当に復帰するチャンス。咲はパーティーは苦手だと渋る紘一を「離婚後に自活するには、仕事は大事。これもリコカツ!」と説得する。

 その数日後、紘一は隊長の重森(菅原卓磨)から、今年のバーベキュー大会には夫婦で参加するよう念押しされる。しかし、パーティーと同じ日であることに後で気づいて、咲と大喧嘩に。すれ違いばかりで落ち込む咲は、久しぶりに行ったレストランで元カレの青山貴也と偶然再会し…。

 一方、咲の実家でも事件が起こっていた。母・美土里(三石琴乃)が夫・武史(佐野史郎)の浮気を確信。証拠を押さえようと密かに行動を起こす。

 本作は、北川演じる出版社の編集・水口咲と、永山演じる自衛官一家の長男・緒原紘一の交際ゼロ日新婚夫婦が、価値観や意見の違いから離婚を決意するも、周囲になかなか切り出せない姿を、「リコカツ」=離婚に向けた活動というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。北川、永山のほか、高橋光臣、白洲迅、大野いと、田辺桃子、中田クルミ、平岩紙、宮崎美子、酒向芳、三石琴乃、佐野史郎ら、バラエティー豊かなキャストが共演する。

 金曜ドラマ『リコカツ』第2話は、TBS系にて4月23日22時放送。