俳優の菅田将暉とSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseが27日、都内で開催された映画『キャラクター』完成報告会に出席。菅田は、Fukaseが殺人犯役に向けて“怪しい役作り”をしていたことを報告し、一方のFukaseは、菅田が演技の前に見せる呼吸に影響を受けたことを明かした。

 本作は、売れない漫画家・山城圭吾(菅田)が、殺人犯・両角(Fukase)の顔をキャラクター化した漫画を描いて売れてしまったことで巻き起こるサスペンスを描く。 イベントには、共演の高畑充希、中村獅童、小栗旬、永井聡監督、原案・脚本の長崎尚志も出席した。

 主演の菅田は、演技初挑戦で殺人鬼を演じたFukaseについて「プライベートで包丁売り場に行って、包丁を売っている目の前でせりふを練習してたとかいうんですよ」と報告。Fukaseは警備員などに怪しまれないようにしていたそうで「一回鮮魚売り場に戻って、また包丁売り場に戻ってっていうのを繰り返していました(笑)」と明かした。

 一方、Fukaseは「カメラが回って、シーンが始まるまでの間に、呼吸で感情を作っているのかなと思った」と菅田との撮影を回想し「歌番組とかで歌を歌わせていただく時に、その主人公の感情になるために、歌が始まる5秒〜6秒前から、呼吸を変えるようにしたら、すごく評判がよくなったので、すごくいいものを間近で盗むことができたなと思っています」とニッコリ。これに菅田は「感受性が豊か過ぎるので、褒めてくれるっていうのはあると思いますけど、良かったです」と謙遜しつつも笑顔を見せた。

 そんな中、紅一点の高畑は「菅田くんとFukaseさんと、血塗れの撮影が多くて」としたうえで「血だらけでしりとりをしていました(笑)」と発言。待ち時間中、血糊があちこちにつかないように動けなかったそうで、菅田は「じっと待つしかないんですよ。『何します?』って言って。しりとり」と説明。これを受けたFukaseは「2人が最初にしりとりを始めて。しりとりを始めたんだけど、僕だけちょっとだけ遠くにいたんです」と言い、「2人の『どうする? あの人も誘う?』みたいな。なんかすごく気を遣わせたなって」と振り返って会場を沸かせていた。

 映画『キャラクター』は6月11日より全国公開。