女優の尾野真千子と石井裕也監督が27日、都内で開催された映画『茜色に焼かれる』完成報告会に出席。4年ぶりの主演映画となった尾野は、石井監督との話し合いを「命がけで頑張りますって言いました」と振り返り「もがいて、頑張って、じたばたしながら撮りました。自分にとって、最高の映画だと思ってます。ぜひ、見れるようになってほしい。映画館で見れるようになってほしい。そういう気持ちです」と劇場で上映されることを願った。

 本作は、日々やるせない感情を鎮めて気丈に振る舞う田中良子(尾野)や、中学生の息子・純平(和田)ら登場人物たちが、もがきながらも懸命に生きる姿を描くヒューマンドラマ。
 
 イベントには共演の和田庵、片山友希、オダギリジョー、永瀬正敏も出席した。
 
 尾野は出演を決めた理由を問われると「台本を読んで、自分が『伝えなきゃ』って思うことが、たくさん詰まっていたからです」と返答。せりふの多い役に「不安な気持ちもあった」と話し、先輩俳優たちとの共演を「学ぶものも多かったですし、何にも代えられない経験になったなという風に思います」と振り返った。

 良子の女性像について聞かれた尾野は「本当に大変(笑)」と言い「あらすじだけ読むと、どうしてそんな仕事をするの? とか、どうしてそんなことができるの? って思うかもしれないですけど、でも母ってそうなんです。母って、こんなに一生懸命なんですみたいな。母になったことないですけど、母になった気分になってくるし、母の気持ちが少しでも分かれたのかな」と考えを明かした。

 その後、物語にちなんで「どんな時も手放さない、大切にしていること」を質問された片山は「布団を干したときに、太陽の匂いがいっぱいで、すごく幸せな気持ちになったりとかするじゃないですか。そういうときとかの、幸せだなっていう気持ちは、ずっと、おばあちゃんになっても持っておきたいなと思いました」と笑顔。一方、和田は先輩からのプレゼントという「ワイヤレスイヤホン」と具体的な物を挙げ会場を笑わせた。

 尾野は「家族」と答え、「お芝居においていろいろ助けてもらった部分もあるから、やっぱりこれからも手放せないものですかね」と話していた。

 映画『茜色に焼かれる』は5月21日公開。