女優の観月ありさが、俳優の鈴木亮平が主演し、女優の吉岡里帆が共演する木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話(5月6日放送)にゲスト出演することが発表された。観月は、吉岡ふんするヒロイン・あいこと12歳離れた姉役を演じる。

 山崎紗也夏による同名漫画(講談社刊)を実写化する本作は、漫画一筋で恋愛が超苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎(鈴木)と、ダメ男ホイホイと呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこ(吉岡)という、恋に不器用な2人が繰り広げるハートフルラブコメディー。鈴木と吉岡のほか、眞栄田郷敦、岩田琉聖、小西桜子、白石隼也、松大航也、奥平大兼、竜星涼、木南晴夏、片岡愛之助が共演する。

 木曜劇場に出演するのは、ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』以来9年ぶりとなる観月。本作で演じる緒方るりこは、吉岡演じるあいこの12歳年の離れた姉という役どころ。母子家庭で、働く母親に代わりあいこを育てたるりこは、悪気はないが、ちょっと変わったものの見方をするため、あいこを振り回すこともしばしば。結婚していたが、夫に先立たれてしまったという悲しい過去を持つ。そんなるりこが清一郎の家に突然現れ、あいこに会うやいなや、清一郎と結婚するのかと問いただし、2人を窮地に陥れることとなる。

 「私が演じる原作のキャラクターがすごく個性的で、“これを私はどう演じるのかな?”と思いました(笑)」と語る観月。ドラマ『お迎えデス。』(日本テレビ系)以来約5年ぶりとなる鈴木、初共演となる吉岡については「掛け合いがとてもテンポが良くて面白い」と語り、「登場人物の誰かに思いをのせて、ドラマを楽しんでいただければと思います! 第5話もぜひ、お見逃しなく!」とメッセージを寄せた。

 観月ありさが出演する木曜劇場『レンアイ漫画家』第5話は、フジテレビ系にて5月6日22時放送。